EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アジア太平洋環... 
次の記事へ
 件数:146件
 索引:「ア」
 70-79件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.01.23
アジア太平洋環境開発フォーラム
アジアタイヘイヨウカンキョウカイハツフォーラム   【英】The Asia-Pacific Forum for Environment and Development   [略]APFED  
 解説 |
アジア太平洋地域に相応しいより衡平で持続可能な発展のモデルを2004年までに提示することを目的としたフォーラム。2001年に開催されたエコアジアで設立された(フォーラムの議長は、橋本龍太郎元総理。メンバーはアジア太平洋地域を中心とした有識者)。
2004年に日本(東京)で開催された第6回会合では、最終報告書が承認された。APFEDの提言は、1)持続可能な開発に向けた統合アプローチのための提言、2)ステークホルダー間の連携強化のための提言、3)主要分野別の提言という3つのグループからなっている。また、本会合では、これらの提言を実施に移すための第一歩として、APFEDアクションプラットフォームの設立が提案された。APFEDアクションプラットフォーラムは、1)マルチスステークホルダーの相互対話チャンネル、2)持続可能な開発に関する知識イニシアティブ、3)持続可能な開発のための革新的な取り組みのショーケースという3つのメカニズムから構成されている。なお、本会合の参加者は、皇太子殿下の御接見を賜った。
 この解説に含まれる環境用語 |
  持続可能な開発
  エコアジア
 この環境用語のカテゴリー |
  環境全般環境全般
  地球環境途上国の環境問題

 関連Webサイト |
  アジア太平洋環境開発フォーラム:知識ネットワークと能力開発(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/wssd/type_2/1_2_1.html
  APFEDの概要およびこれまでの活動(IGES長期展望・政策統合プロジェクトページ内)
http://www.iges.or.jp/jp/ltp/activity_apfed.html
ページトップへ