一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ゾーン運賃制度

作成日 | 2009.10.15  更新日 | 2015.01.23

ゾーン運賃制度

ゾーンウンチンセイド  

解説

都市内をいくつかのゾーンに分類し、乗車してから下車するまでに通過するゾーンの数で運賃を決める方式。海外では、ドイツやオランダなど多くの都市で採用されている。

同一ゾーン内は均一料金として運賃をゾーンでまとめることで区間制運賃のわずらわしさを解消し、シームレス性(乗り継ぎのしやすさ)を高め、公共交通の利便性を高める施策である。一般的には、その都市を中心に、ほぼ同心円で区切ってゾーンを形成する。日本では、タクシーで多く導入されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト