EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ディーゼル排気粒子
次の記事へ
 件数:34件
 索引:「デ」
 5-14件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.01.23
ディーゼル排気粒子
ディーゼルハイキリュウシ   【英】Diesel Emitted Particulate   [略]DEP   [同義] ディーゼル排気微粒子 
 解説 |
ディーゼル自動車から排出される粒子状物質のことをいい、発がん性気管支ぜんそく花粉症の増悪等の健康影響が懸念されている。従来は「ディーゼル排気微粒子」と呼ばれていた。
炭素と灰分から成る固体粒子の集合であり、未燃燃料、潤滑油、不完全燃焼生成物、熱分解生成物などが含まれる。また、燃料中の硫黄分の一部がSO3まで酸化して硫酸や硫酸塩の形で粒子状物質の中に存在している。その質量の大部分は粒径0.1?0.3μmの範囲にある。
2002年3月の「ディーゼル排気微粒子リスク評価検討会平成13年度報告」によれば、健康リスクの評価のまとめとして、「これまでの知見を総合的に判断して、ディーゼル排気微粒子の人に対する発がん性は強く示唆されていると考える。」と結論づけられている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  発がん性
  気管支ぜんそく
  花粉症
  リスク評価
  ディーゼル排気微粒子
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題大気

 関連Webサイト |
  国立環境研究所「大気中微小粒子状物質(PM2.5)・ディーゼル排気粒子(DEP)等の大気中粒子状物質の動態解明と影響評価プロジェクト」
http://www.nies.go.jp/pmdep/
  「ディーゼル排気微粒子リスク評価検討会(平成13年度報告)」(環境省環境管理局)
http://www.env.go.jp/air/car/diesel-rep/h13/
  ディーゼル排気微粒子除去フィルター(DPF)システムの汎用性向上に関する調査 (独法環境再生保全機構)
http://www.erca.go.jp/taiki/reserch/ha_chosa.html
ページトップへ