一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 騒音の単位

作成日 | 2009.10.14  更新日 | 2015.01.23

騒音の単位

ソウオンノタンイ  

解説

騒音の量を表す指標には、(1)物理的な量そのもの(音圧)、(2)物理的な量を対数で表した相対的な量(音圧レベル)、(3)人間の聴覚に基づき補正した騒音の相対的な量(音の大きさのレベル)、(4)騒音で計測した場合の騒音の量(騒音レベル)の4種類があり、それぞれに異なる単位を使用している。これらを一覧表に示すと次の通りである。

指標の意味指標の名称単位
(1)物理的な量音圧マイクロパスカル(μPa)
(2)物理的な量の対数による相対値音圧レベルデシベル(dB)
(3)人間の聴覚に基づき補正した相対的な量音の大きさのレベルフォン(phon)
(4)騒音で計測した量騒音レベル従来はホンと表記したが、現在はデシベル(dB)又はdBA

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト