EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
BS7750    
次の記事へ
 件数:16件
 索引:「ビ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2015.01.23 更新日 | 2015.01.23
BS7750
ビーエス7750   【英】BS7750  
 解説 |
1992年(平成4年)1月にイギリスの規格協会が策定した環境マネジメントシステムに関する規格。1970年代から、環境保全に対する意識の高まりを背景として、環境保全という目的を組織内において体系化するためのシステム(環境マネジメントシステム)が発展してきた。特に欧米の企業では、従来からの社会監査の流れを汲んで、環境管理環境監査についての取組が始められた。BS7750は、環境マネジメントシステムの先駆けとなったものである。
なお、EUでは、環境監査を中心に検討が進められていたが、BS7750の影響を受け、1993年7月に企業の自主的な取組としての「環境管理監査規則」(EMAS = Eco-Management and Audit Scheme)が作られ、1995年4月から実施適用されている。
また、世界共通の規格としては、国際標準化機構(ISO)による「ISO14001」(1996年9月)があるが、この規格は、基本的にはBS7750を継承しつつ、Plan(計画)、Do(実施)、Check(点検)、Action(経営者による見直し)といういわゆるPDCAサイクルで組み立てられている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  環境管理
  環境監査
  環境マネジメントシステム
  PDCAサイクル
  ISO14001
  EMAS
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境経済

 関連Webサイト |
  British Standard 7750
http://www.quality.co.uk/bs7750.htm
  企業の自主的取り組みについて(平成9年版環境白書)
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/honbun.php3?kid=209&bflg=1&serial=10340
ページトップへ