EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:146件
 索引:「ア」
 137-146件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
アオウミガメ
アオウミガメ   【英】Green Turtle   [同義] ウミガメ 
 解説 |
は虫類カメ目ウミガメ科の海棲カメ。一般には本種を含めウミガメ類を総称して(種を区別せず)単にウミガメと呼ぶことが多い。体長は1mを越えるものもあり、メスの方が大きい。熱帯及び亜熱帯海域に広く分布する。日本では、小笠原諸島、南西諸島が産卵場として知られている。海草類や海藻類などを主に食する。人の食用にされるウミガメは、大半が本種である。
日本での産卵期は4月下旬から8月中旬で、1999年までの5年間に国内86箇所(小笠原諸島、屋久島、奄美諸島、沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島など)で産卵のための上陸が確認されている。存続を脅かす要因として、護岸工事などによる産卵場所(砂浜)の減少、魚網による混獲などがあげられている。
環境省のレッドデータブックでは、絶滅危惧II類(VU)。また、ワシントン条約では、本種は附属書Iに掲載され、種の保存法(1992)の国際希少野生動植物種に指定されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  熱帯
  南西諸島
  藻類
  小笠原
  種の保存法
  砂浜
  混獲
  国際希少野生動植物種
  屋久島
  ワシントン条約
  レッドデータブック
  ウミガメ
  は虫類
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物

 関連Webサイト |
  日本ウミガメ協議会
http://www.umigame.org/
  新RDB情報検索(環境省)
http://www.biodic.go.jp/rdb_fts/2000/72-031.html
ページトップへ