EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
オゾン層破壊物質 
次の記事へ
 件数:74件
 索引:「オ」
 35-44件 を表示
EICネットは一般財団法人環境情報センターが運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

第一法規株式会社

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2015.02.06

ピックアップ記事のサマリーイメージ

日本がヨハネスブルグサミット(2002年)で提唱し、2005年から始まった「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」(以下「国連ESDの10年」)が、2014年に最終年を迎えて、同年11月には、「ESDに関するユネスコ世界会議」が岡山県岡山市と愛知県名古屋市で開催されました。あらためて”ESDとは何か”、“なぜESDなのか”を考えながら「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」(以下「ESDに関するユネスコ世界会議」)の成果等について報告いたします...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
オゾン層破壊物質
オゾンソウハカイブッシツ   【英】Ozone-Depleting Substances  
 解説 |
文字通り、オゾン層の破壊につながる原因物質を指すが、実際にはモントリオール議定書(1987採択、1989発効)で規制の対象になっている物質を指すことが多い。日本では、オゾン層保護法(1988年制定)に基づく特定物質としてしている物質がこれに当たる。具体的には、特定フロンフロン11、12、113、114、115)およびその他のCFC(フロン13など)、トリクロロエタン四塩化炭素などの有機塩素化合物や、特定ハロンハロン1211,1301、2402)などの有機臭素化合物。
 この解説に含まれる環境用語 |
  有機塩素化合物
  特定フロン
  四塩化炭素
  モントリオール議定書
  フロン
  ハロン
  トリクロロエタン
  オゾン層保護法
  オゾン層の破壊
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境オゾン層

 関連Webサイト |
  オゾン層保護について(環境省)
http://www.env.go.jp/earth/index.html
  ウィーン条約/モントリオール議定書(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/ozone.html
ページトップへ