EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
エコスクール  
次の記事へ
 件数:151件
 索引:「エ」
 30-39件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
エコ・スクール
エコスクール   【英】Eco-Schools   [同義] エコスクール 
 解説 |
環境に配慮した学校施設や、環境に配慮した活動に取り組む学校などを指す。日本で用いられる「エコスクール」の概念と、ヨーロッパの概念とは、やや意味を異にする。
日本では、平成5・6年度に日本建築学会が「環境を考慮した学校施設(エコスクール)の在り方に関する調査研究」を実施(文部省委託調査研究)。これを受けて平成9年度から5年間、文部省と通産省の共同により「環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備推進に関するパイロットモデル事業」が実施された。その後も認定校を設定し、太陽光発電型、太陽熱利用型、その他新エネルギー活用型、省エネルギー省資源型、自然共生型、木材利用型、資源リサイクル型、その他などの事業タイプ別に、平成16年度までに424校が認定されている。新エネルギー(太陽光・熱、風力、燃料電池など)や省エネルギー技術の導入、建物緑化や屋上緑化など、施設整備面中心の取り組みであったが、最近では、施設面以外でも学校での環境に配慮した活動も含めた取り組み事例も各地で見られてきている。
なお、ヨーロッパでは、ヨーロッパ環境教育財団(Foundation for Environmental Education in Europe)が、学校での主体的な環境に配慮した活動に対して、その学校をエコ・スクールとして認定・更新するプロジェクトを指す。
 この解説に含まれる環境用語 |
  燃料電池
  太陽光発電
  新エネルギー
  省資源
  省エネルギー
  共生
  屋上緑化
  リサイクル
  エコスクール
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境教育

 関連Webサイト |
  「環境を考慮した学校施設(エコスクール)を活用した環境教育についての調査研究協力者会議」報告書(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/14/03/020329/00.htm
  Environmental Education(US EPA's Office of Environmental
http://www.fee-international.org/
  平成13年度 環境を考慮した学校施設(エコスクール)の現状と今後の整備推進に向けて(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/006/toushin/020302.htm
  環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備推進に関するパイロット・モデル事業実施要項
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/12/05/000502.htm
ページトップへ