EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
海面上昇    
次の記事へ
 件数:342件
 索引:「カ」
 41-50件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.12.12 更新日 | 2009.10.14
海面上昇
カイメンジョウショウ   【英】Sea Level Rise  
 解説 |
気温の上昇による海水の膨張や氷の融解が原因となり、海面水位が上昇すること。
地球温暖化の影響として懸念されており、IPCC第三次報告書によると、温室効果ガスの濃度が現在の増加率で推移した場合、2025年までに地球全体の平均気温は現在より約1度、21世紀末までには約3度上昇することがあり得ると予測されている。そしてそれに伴う海面上昇は、2030年までに約20cm、21世紀末までには約65cm(最大約1m)と予測されている。
海面上昇の結果、各地に大きな被害が出るものと考えられており、例えば、ナイル川河口など海面上昇に対して非常に弱い地域では、多くの人々が土地を失う恐れがあるほか、モルジブなど海抜2m程度しかない国では、1m海面が上昇すると、台風が来ただけで国全体が壊滅状態になる恐れがあるとされている。また日本の沿岸域では現在861平方キロメートルが満潮水位以下にあり、仮に1m海面が上昇すると、この範囲が約2.7倍に拡大、高潮・津波の氾濫危険地域が約4倍拡大するとされている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  地球温暖化
  温室効果ガス
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化
  地球環境海洋環境

 関連Webサイト |
  海面水位の監視と情報提供(気象庁)
http://www.data.kishou.go.jp/marine/sealev/KikoKondankai2003/KikoKondankai2003Fukuoka.html
  「地球温暖化に伴う海面上昇に対する国土保全研究会」報告について(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha02/05/050502_.html
  SeaLevel 海面上昇シミュレーター(窓の杜オンラインソフト紹介)
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/04/26/sealevel.html
  温暖化写真館(JCCCA)
http://jccca.org/content/view/1016/653/
  海面水位の監視と情報提供(気象庁)
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/marine/sealev/KaimenSuii.html
ページトップへ