EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
京都議定書目標... 
次の記事へ
 件数:142件
 索引:「キ」
 100-109件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2015.01.22 更新日 | 2015.01.23
京都議定書目標達成計画
キョウトギテイショモクヒョウタッセイケイカク  
 解説 |
 2005年4月に閣議において決定された京都議定書温室効果ガスの6%削減約束と長期的かつ持続的な排出削減を目的とする計画である。それを達成するには、温室効果ガスごとの対策・施策、横断的施策(国民運動の展開、公的機関の率先的取組、排出量の算定・報告・公表制度、ポリシーミックスの活用)、基盤的施策(排出量・吸収量の算定体制の整備、技術開発、調査研究の推進、国際的連携の確保、国際協力の推進推進体制等)と三つの施策が決められ、毎年の施策の進捗状況等の点検、2007年度の計画の定量的な評価・見直し及び地球温暖化対策推進本部を中心とした計画の着実な推進と言った推進体制も盛り込まれた。
 京都議定書の目標年次は2008?2012年であり、その5カ年の平均で評価するとされていた。京都メカニズムも援用して京都議定書目標は達成されたが、それは温暖化対策の推進と言うより、リーマンショック以降の経済の停滞による面が大きい。
 2012年に地球温暖化対策の推進に関する法律が改正され、2013年以降の温暖化対策に関する計画は「地球温暖化対策計画」と呼称されることとなった。(2014年4月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  地球温暖化
  京都議定書
  温室効果ガス
  ポリシーミックス
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  京都議定書目標達成計画の閣議決定について(平成17年4月27日環境省報道発表)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=5937
  地球温暖化対策推進本部(首相官邸)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ondanka/index.html
  「排出量及び取組の状況等に関する論点整理(案)」に対する意見の募集について(平成19年4月19日環境省報道発表)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8302
ページトップへ