EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
東アジア・オー... 
次の記事へ
 件数:84件
 索引:「ヒ」
 13-22件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2007.05.10 更新日 | 2009.10.14
東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ
ヒガシアジアオーストラリアチイキフライウェイパートナーシップ   [同義] 渡り性水鳥保全連携協力事業 
 解説 |
 東アジア・オーストラリア地域において、渡り鳥の保全に関わる様々な主体の国際的な連携・協力のための枠組みを提供することにより、鳥類の重要生息地の国際的なネットワークを構築するとともに、その普及啓発及び保全活動を促進することを目的とした国際的な協力事業。2006年11月にインドネシア・ボゴールにおいて開催された「渡り性水鳥、湿地及び地域住民に関する会議」において、9か国の政府(日本、豪州、米国、韓国、ロシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール及びミャンマー)をはじめとし、ラムサール条約事務局等の国際機関、国際湿地保全連合等の国際NGO等を含む16主体の参加を得て発足した。本協力事業は1996年に日豪政府及び国際湿地保全連合の主導により策定された「アジア太平洋地域渡り性水鳥保全戦略」を発展的に解消し構築されたものであり、同戦略において登録されていたシギ・チドリ類ツル類ガンカモ類の3種群の重要生息地ネットワークの参加湿地は、本協力事業の重要生息地ネットワークに移行されることとなった。日本の重要生息地ネットワーク参加湿地は次のとおり。
宮島沼(北海道)、クッチャロ湖(北海道)、ウトナイ湖(北海道)、釧路湿原(北海道)、厚岸湖・別寒辺牛湿原(北海道)、霧多布湿原(北海道)、琵琶瀬湾(北海道)、蕪栗沼(宮城県)、白石川(宮城県)、小友沼(秋田県)、八郎潟干拓地(秋田県)、谷津干潟(千葉県)、東京港野鳥公園(東京都)、福島潟(新潟県)、佐潟(新潟県)、瓢湖水きん公園(新潟県)、片野鴨池(石川県)、藤前干潟(愛知県)、琵琶湖(滋賀県)、大阪南港野鳥園(大阪府)、米子水鳥公園(鳥取県)、八代(山口県)、吉野川河口(徳島県)、鹿島新籠(佐賀県)、球磨川河口(熊本県)、出水(鹿児島県)、漫湖(沖縄県)
 この解説に含まれる環境用語 |
  藤前干潟
  鳥類
  水鳥
  国際湿地保全連合
  釧路湿原
  干拓
  干潟
  ラムサール条約
  ツル類
  シギ・チドリ類
  ガンカモ類
  アジア太平洋地域渡り性水鳥保全戦略
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物

 関連Webサイト |
  東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ(渡り性水鳥保全連携協力事業)の発足について(平成18年11月16日環境省報道発表)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7707
  アジア・太平洋地域渡り性水鳥保全戦略[インターネット自然研究所]
http://www.sizenken.biodic.go.jp/flyway/strategy/
  渡り鳥生息地ネットワーク[インターネット自然研究所]
http://www.sizenken.biodic.go.jp/flyway/
ページトップへ