EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
水素化社会   
次の記事へ
 件数:75件
 索引:「ス」
 17-26件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2008.04.30 更新日 | 2009.10.14
水素化社会
スイソカシャカイ   【英】Hydrogen Society   [同義] 水素社会  水素エネルギー社会 
 解説 |
 水素化社会(もしくは水素社会)とは、水素を主要なエネルギー源に転換し、使用する社会のこと。
 水素(化)社会の実現には、燃料電池・水素利用技術の開発と実用化、経済性の向上、および関連インフラの整備などが必要である。水素は、使用・消費段階ではゼロエミッションのエネルギー源であり、地球温暖化問題や大気汚染問題の解決に資するものである。また、水素は、化石燃料・水・バイオマスなど様々な物質から製造が可能なため、エネルギー源の多様化や分散型エネルギーシステムの構築も可能とするとされる。ただし、水素の製造過程にはエネルギーが必要で、二酸化炭素をまったく排出しない水素社会の実現のためには、再生可能エネルギーなどからの水素の製造が必須となる。
 この解説に含まれる環境用語 |
  燃料電池
  二酸化炭素
  地球温暖化
  大気汚染
  水素社会
  再生可能エネルギー
  化石燃料
  バイオマス
  ゼロエミッション
 この環境用語のカテゴリー |
  環境全般環境全般

 関連Webサイト |
  NEDO > よくわかる!技術解説 > 環境技術分野 > 水素エネルギー社会
http://app2.infoc.nedo.go.jp/kaisetsu/evm/ev05/index.html
  National Hydrogen Assocciation
http://www.hydrogenassociation.org/media/index.asp
ページトップへ