一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ヨーロッパ景観条約

作成日 | 2009.07.10  更新日 | 2009.10.14

ヨーロッパ景観条約

ヨーロッパケイカンジョウヤク   【英】The European Landscape Convention, The Florence Convention  

解説

ヨーロッパの自然・文化遺産や都市自然空間の保全のため、2000年10月に欧州評議会が中心になり策定された条約。2004年3月に発効した。フローレンス(イタリア)で締結されたことから、「フローレンス条約」とも呼ばれている。

条約第1条では、「景観(landscape)とは、その特徴が自然または人間のそれぞれの要素の活動、あるいは両者の相互作用の結果である、と人々によって認識されている広がりのある地域」と定義されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト