一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 FCPF

作成日 | 2009.07.10  更新日 | 2009.10.14

FCPF

エフシーピーエフ   【英】Forest Carbon Partnership Facility  [略]FCPF  [同義]森林炭素パートナーシップ機構 

解説

開発途上国や経済移行国(旧社会主義諸国)における温室効果ガス排出削減事業を推進するために、世界銀行が設けた投資基金、「炭素基金」の行う事業の一つ。日本語では、「森林炭素パートナーシップ機構」または「森林炭素パートナーシップファシリティー」とも呼ばれる。

開発途上国森林減少・劣化からの温室効果ガス排出削減REDD)を図ることを支援するために、2007年10月に開始された。FCPFは、開発途上国REDDを遂行する能力を養成すること、とパイロット事業での排出削減量に基づいたクレジット獲得・買取の方法を試すことの2つの目的がある。FCPFは3億USドルを資金目標としており、2009年4月末時点で37カ国がREDDを実施している。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト