一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ポスト2010年目標

作成日 | 2010.06.10  更新日 | 2015.09.28

ポスト2010年目標

ポストニセンジュウネンモクヒョウ   【英】Post 2010 Biodiversity Target  [同義]愛知目標  愛知ターゲット 

解説

生物多様性の損失速度を2010年までに顕著に減少させるという、いわゆる「2010年目標」の期間満了後の2011年以降の目標。2010年に名古屋で開催された「第10回生物多様性条約締約国会議(COP10)」のもっとも重要な議題の一つで、「愛知目標(愛知ターゲット)」として採択された。

生物多様性条約第6回締約国会議(COP6)(2002年ハーグ(オランダ)で開催)で決議された「2010年目標」の目標期間が満了することから、その後の目標が検討されてきた。生物多様性条約事務局が2010年5月に公表した「地球規模生物多様性概況第3版(GBO3)」によると「2010年目標」の21項目すべてが達成されなかったことから、「ポスト2010年目標」の内容に注目が集まった。COP10の議長国である日本政府は、「生物多様性国家戦略2010」を2010年3月に策定し、そこに盛り込まれた2020年までの「短期的目標」および2050年までの「中長期的目標」を「ポスト2010年目標」の日本素案として提案していた。(2015年8月改訂)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト