一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 リオ3条約

作成日 | 2011.07.01  更新日 | 2011.07.01

リオ3条約

リオサンジョウヤク   【英】three Rio Conventions  

解説

1992年に開催された環境と開発に関する国連会議(UNCED、リオ地球サミット)で署名が開始された国連気候変動枠組条約(UNFCCC)と生物多様性条約(CBD)、そして地球サミットで条約交渉の開始が決められた国連砂漠化対処条約(UNCCD)は、「リオ3条約」と呼ばれている。なお、国連気候変動枠組条約生物多様性条約は、「リオの双子の条約」と呼ばれることもある。

生命に不可欠なサービスを提供する生態系を脅かす気候変動生物多様性の減少、森林破壊や土地劣化に対してリオ3条約が協調して取り組むことは、世界の持続可能な発展にとって極めて重要である。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト