一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 核融合炉

作成日 | 2003.12.12  更新日 | 2009.10.14

核融合炉

カクユウゴウロ   【英】Nuclear Energy Furnace  

解説

太陽などの恒星の内部で起きている核融合反応を人為的に制御し、発生したエネルギーを利用するための装置である。核融合は一般的には重い原子核を作り、その際比較的大きなエネルギーを放出する反応をいう。現在研究が進められている核融合反応は、重水素(D)と三重水素(T)とを数億度に熱して、プラズマ状態にしてヘリウムへの融合反応を起こさせ、エネルギーを発生させるものである。この方法は、核分裂炉による発電に比べ、ウラン資源の制約がない、放射性廃棄物の量が少なくてすむなど多くの長所があるが、現時点では理論的な可能性にとどまり、実用化は困難である。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト