一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 アメダス

作成日 | 2015.10.07  更新日 | 2015.10.07

アメダス

アメダス   【英】Automated Meteorological Data Acquisition System  [略]AMeDAS  [同義]地域気象観測システム 

解説

雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、気象観測を自動的におこなう気象庁のシステムを言う。1974年11月1日から運用を開始。2014年3月現在、全国に気象官署156か所、四要素(降水量、気温、風、日照時間)観測所686か所、三要素(降水量、気温、風)観測所87か所、雨量観測所360か所、積雪深観測所322か所で構成されている。(2015年4月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト