EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
万人のための教育 
次の記事へ
 件数:63件
 索引:「バ」
 54-63件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2015.10.07 更新日 | 2015.10.07
万人のための教育
バンニンノタメノキョウイク   【英】Education for All   [略]EFA  
 解説 |
 「万人のための教育(EFA:Education for All)」とは、現在でも世界中に「読み・書き・計算」といった基礎教育を受けられない状態にある人々が多いため、各国が協力しながら、2015年までに世界中の全ての人たちが初等教育を受けられ、字が読めるようになる(識字)環境を整備しようとする取り組みである。この取り組みはユネスコが中心となり、ユニセフ、世界銀行等の多くの国際機関や、各国政府機関、NGO等も積極的に協力している。
 しかしながら、発展途上国の人口増加、資金不足、戦争や内戦・民族間紛争、宗教等の慣習に基づく性差別等があいまって、識字率(字が読める人の割合)の向上は容易ではなく、2007年現在、約7億7500万人の成人が文字の読み書きができない。なお、非識字者の約7割はアジア・太平洋地域に存在し、3分の2は女性と言われている。また、学校に通うことができない児童数は約1億人に達するとされる。
 「読み書き計算(識字)」は、「貧困」からの脱却及び持続可能な開発、環境保全を進めるため必要不可欠な技術である。(2015年7月作成)
 この解説に含まれる環境用語 |
  途上国
  世界銀行
  持続可能な開発
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境途上国の環境問題
  環境一般環境教育

 関連Webサイト |
  万人のための教育(EFA:Education for All)(日本ユネスコ国内委員会)
http://www.mext.go.jp/unesco/004/003.htm
  万人のための教育(EFA)(公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター)
https://www.accu.or.jp/jp/theme/efa.html
ページトップへ