一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 特定規模電気事業者

作成日 | 2017.07.18  更新日 | 2017.07.18

特定規模電気事業者

トクテイキボデンキジギョウシャ   【英】Power Producer and Supplier  [略]PPS  

解説

既存大手電力会社以外のいわゆる新電力のことで、2000年の規制緩和により登場したもの。2016年3月までは、契約電力が50キロワット以上の需要家に対して、一般電気事業者が有する電線路を通じて電力供給を行う事業者という位置づけであったが、同年4月からの電力の小売り全面自由化に伴い、50キロワット以下の一般家庭や商店などと契約することが可能となった。

そのため、現在では、一般家庭でもそれぞれの新電力の電源構成や価格などの情報を比較し、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで発電した環境への負荷の少ない電気の購入を選択することが可能となっている。(2017年2月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト