EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
カリキュラム  
次の記事へ
 件数:345件
 索引:「カ」
 150-159件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
カリキュラム
カリキュラム   【英】Curriculum  
 解説 |

学校などの教育機関で行われる教育の目的達成のために計画・構造化された内容および活動の総体を指す。日本における教育課程に相当するが、計画された以外の教育的機能を持つものも潜在的カリキュラムとして含む場合もあるなど、概念的にはより広い。語源は「自分の歩むコース、履歴」を意味するラテン語のクレレ(currere)。

教育用語として初めて登場したのは、大学の教育内容が国王や教会の統制を受けた宗教改革後の16世紀。権力の統制に反発した大学が、定められた教育内容のコースを強制的に走らされるという揶揄をこめて「カリキュラム」と呼んだとされる。

教育実践の場面では、教材を教えるのではなく、教材で教えるなどと強調されることがある。教材(特に教科書)に示された知識や技術の伝達という以上に、それを指導者が研究・解釈したうえで学習者の状況に応じた教授の仕方(カリキュラム・デザイン)を工夫することが重視される。

環境教育においてプログラム・アクティビティと呼ばれるひとまとまりの教育実践は、学校教育におけるカリキュラムや単元にほぼ相当するといえるが、カリキュラムの方が概念的に幅広い。

 この解説に含まれる環境用語 |
  単元
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境教育

 関連Webサイト |
  小・中・高校教育に関すること(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/01_c.htm
ページトップへ