EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
構造活性相関  
次の記事へ
 件数:281件
 索引:「コ」
 70-79件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.12.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2017年もさまざまなできごとがあった。直接環境にかかわるトピックスは本編に譲るとして、米国のトランプ大統領の就任による自国第一主義への舵きりは、支持基盤層である石炭産業の復権をめざした保護策の打ち出しなど、環境政策にも大きな影響が及んでいる。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.15
構造活性相関
コウゾウカッセイソウカン   【英】Structure-Activity Relationship   [略]SAR  
 解説 |
化学物質の生物分解性生物濃縮性、毒性といった生物学的効果を、その化学物質の構造式との数学的な関係で表わすもの。
世界では10万種類を超える化学物質が使われているといわれるが、そうした全ての物質について試験データが揃っていて、安全性が確認されている訳ではない。そうした化学物質の予備的なリスク評価を行う場合に、化学物質の構造式やその物性データから生物分解性生物濃縮性、毒性等を予測するのに構造活性相関が用いられる。
ただし、全ての化学物質に適用可能な数式があるのではなく、類似した構造の化学物質群について得られた数式が適用される。
 この解説に含まれる環境用語 |
  分解性
  生物濃縮
  リスク評価
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
ページトップへ