一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 交通流対策

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

交通流対策

コウツウリュウタイサク   【英】Measures for Traffic Distribution  

解説

道路交通公害に関する対策のひとつで、交通流の集中を抑制し、交通渋滞を解消し、自動車の走行を円滑にすることにより、騒音や排出ガスによる大気汚染を軽減しようとする対策である。

バイパス道路や環状道路の整備、駐車場や駐車場案内システムの整備、交通管制システムの高度化、道路交通情報通信システム整備等の交通情報収集・提供システムの拡充、交差点の立体交差化や信号機制御の高度化、大型車の中央寄り車線通行指定、大型車の夜間通行規制、バス専用・優先車線の設置、住宅系地区への通過交通の進入規制、最高速度規制等の対策が実施されている。なお、広い意味では、物流対策人流対策も交通流対策の一部である。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト