EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国際サンゴ礁イ... 
次の記事へ
 件数:285件
 索引:「コ」
 109-118件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.15
国際サンゴ礁イニシアチブ
コクサイサンゴショウイニシアチブ   【英】International Coral Reef Initiatives   [略]ICRI  
 解説 |
サンゴ礁の保全と持続可能な利用に関する包括的な国際プログラム。海の熱帯林とも呼ばれる生物多様性の豊かなサンゴ礁の保全は地球的課題であり、アメリカの発案により1994年に開始。アメリカ、日本、オーストラリア、イギリス、フランス、ジャマイカ、フィリピン、スウェーデンの8カ国が中心となり推進している。
活動の3本柱として、(1)研究・モニタリング、(2)持続可能な管理、(3)能力養成を掲げている。(1)を受けて、地球規模のサンゴ礁モニタリング網(Global Coral Reef Monitoring Network; GCRMN)を整備し、サンゴ礁の保全・管理に関する情報を共有し、サンゴ礁及び関連する生態系の保全、管理及び持続可能な利用の促進等を図ることとしている。
組織運営は2年ごとに交代する事務局による。第1次事務局はアメリカ、第2次はオーストラリア、第3次はフランス、第4次事務局をフィリピンとスウェーデンが共同で担当。日本は主に環境省が対応し、東アジアの拠点として2000年に沖縄県石垣市に「国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター」を設立。中国、韓国を含む東アジアや東南アジア諸国と協力しながら、サンゴ礁保全を進めている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  熱帯林
  生物多様性
  生態系
  国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
  モニタリング
  サンゴ礁
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  自然環境河川・湖沼・海
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  ICRI
http://www.icriforum.org/
  国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
http://www.coremoc.go.jp/
ページトップへ