EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国際サンゴ礁イ... 
次の記事へ
 件数:281件
 索引:「コ」
 109-118件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.15
国際サンゴ礁イニシアチブ
コクサイサンゴショウイニシアチブ   【英】International Coral Reef Initiatives   [略]ICRI  
 解説 |
サンゴ礁の保全と持続可能な利用に関する包括的な国際プログラム。海の熱帯林とも呼ばれる生物多様性の豊かなサンゴ礁の保全は地球的課題であり、アメリカの発案により1994年に開始。アメリカ、日本、オーストラリア、イギリス、フランス、ジャマイカ、フィリピン、スウェーデンの8カ国が中心となり推進している。
活動の3本柱として、(1)研究・モニタリング、(2)持続可能な管理、(3)能力養成を掲げている。(1)を受けて、地球規模のサンゴ礁モニタリング網(Global Coral Reef Monitoring Network; GCRMN)を整備し、サンゴ礁の保全・管理に関する情報を共有し、サンゴ礁及び関連する生態系の保全、管理及び持続可能な利用の促進等を図ることとしている。
組織運営は2年ごとに交代する事務局による。第1次事務局はアメリカ、第2次はオーストラリア、第3次はフランス、第4次事務局をフィリピンとスウェーデンが共同で担当。日本は主に環境省が対応し、東アジアの拠点として2000年に沖縄県石垣市に「国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター」を設立。中国、韓国を含む東アジアや東南アジア諸国と協力しながら、サンゴ礁保全を進めている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  熱帯林
  生物多様性
  生態系
  国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
  モニタリング
  サンゴ礁
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  自然環境河川・湖沼・海
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  ICRI
http://www.icriforum.org/
  国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
http://www.coremoc.go.jp/
ページトップへ