EICネット環境用語

コンバインドサイクル

コンバインドサイクル

解説|

火力発電などにおいて、従来捨てられていた廃熱をボイラなどに戻し、有効利用する方法。その特徴として、在来型のユニット方式に比べ、比較的小容量・低負荷でも、高い熱効率を得られることや、運転コストも資本費も安く、建設期間も短いことを挙げられる。
コンバインドサイクル発電方式(combined cycle power generation)は燃料を燃焼させて高温の燃焼ガスにしてガスタービンを回すとともに、その排ガスの熱から排熱回収ボイラーで発生させた高温・高圧の蒸気により、蒸気タービンも回して発電することで、総合効率を向上させる方式。

詳細解説

ウィンドウを閉じる

EICネットは、一般財団法人環境情報センターが運用する、環境教育・環境保全活動を促進するための環境情報・交流ネットワークです。
ご意見・ご要望はEICネットまでお願いいたします。 mail eicnet@eic.or.jp