EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
バイオマス産業社会ネットワーク第2...
次の記事へ
 件数:30522件
 新着順に表示
 29582-29591件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2002.04.13    開催地 | 東京都   カテゴリ | エネルギー >> バイオマス
   登録日 | 2002.04.10
バイオマス産業社会ネットワーク第20回研究会
この情報の修正・削除
日 時:2002年4月13日(土)14:00〜15:30
テーマ:「地域資源の共同管理とバイオマス産業社会の構築」
講演者:原後雄太(明治学院大学助教授)
    泊みゆき(バイオマス産業社会ネットワーク共同代表)
会 場:ちよだパークサイドプラザ
    (東京都千代田区神田和泉町1 Tel:03-3864-8931
     JR・営団日比谷線秋葉原駅より徒歩7分
     秋葉原駅昭和通り口より出て、信号を渡り昭和通を左に進む。「中華
     黒龍」とデイリーヤマザキにはさまれた道を右に入り、300メートル
     ほど先の左手。和泉小学校校舎と同じビルの7F)
参加費:BIN会員 無料、一般 1000円

※第20回研究会では、バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)の共同代表で、
4月より明治学院大学助教授に就任した原後雄太および、同じくBIN共同代表の
泊みゆきによる「地域資源の共同管理とバイオマス産業社会の構築」です。
この両名は1年以上をかけて、バイオマス利用についての著作を執筆し、
この春出版の予定です。
 地域の自然資源などの価値を保全する費用を、バイオマス製品や炭素クレジッ
ト等の「共同管理」の手法で捻出することを提案し、そして参加者の皆さまと
「バイオマス産業社会」とはどのようなものなのかを議論していきたいと思いま
す。

※参加を希望される方は、ご氏名(ふりがな)、入会の有無、ご連絡先、
ご所属を下記事務局までお知らせ下さい。

 バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
   〒101-0025東京都千代田区神田佐久間町1-16 大橋ビル     
   Tel:03-3254-7900  Fax:03-3254-7900
   E-mail:bin@jbnacla.net


登録者情報 |
泊 みゆき
  bin@jbnacla.net
  http://www.jbnacla.net/bin/


ページトップへ