一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報オイコスフォーラム連続セミナー 2002 気候・気象と人間--生気象から建築を考える-- 第4回「気候変動とひとのいとなみ」

オイコスフォーラム連続セミナー 2002 気候・気象と人間--生気象から建築を考える-- 第4回「気候変動とひとのいとなみ」

【カテゴリ】 地球環境 地球温暖化

【開催日】2002.09.20

【開催地】東京都


オイコスフォーラム連続セミナー 2002(前期4回)
気候・気象と人間--生気象から建築を考える-- 
---------------------------------------------------
現代のひとの生活の多くの部分は、建築という人工気候の中で営まれています。また建築を含む人間活動の集合体としての都市では、それらの人間活動によって、熱や空気の流れなどの振舞いが改変され、ヒート・アイランド現象に顕著にあらわれるような都市気候が形成されるようになっています。
 ひとは、今も自然の多大な影響、恩恵を受け、人体のメカニズムとしても、気温、湿度、気流、気圧など気象の影響を免れることはできません。ある意味では、地球の環境に適応して形づくられてきたひとの身体は、その長い歴史のなかで突如としてあらわれた現代の人工気候に戸惑っているのかもしれません。
 今年のオイコスフォーラム連続セミナーでは、気象と生き物の関係をとらえる生気象学や、人体の生理的なメカニズムと気候・気象や環境とのかかわりを中心に取り上げます。気象や気候に即したひとの健康なあり方を学ぶことは、ひとをとりまくもうひとつの小さな気候である建築のあり方を考える手掛かりとなるでしょう。

---------------------------------------------------

*以前にご案内した9月5日(木)から9月20日(金)に変更になっておりますので
 お間違えのないようよろしくお願いいたします。

■第4回 9月20日(金)18:30-21:00  
気候変動と人のいとなみ
講師:福岡 義隆(立正大学地球環境科学部)
 地球の長い歴史の中で、環境も気候も大きな変化を遂げてきました。その長いスパンでの気候変動のメカニズムと、人間活動に起因する現在の気候変動や都市気候形成のメカニズムなどについて学びます。またそれらを通して、人間と環境の関係性としての「風土」のあり方にも、アプローチします。

<参考:今シリーズの各回のテーマ(既に終了)>
■第1回 5月30日(木)18:30-21:00
気候と人間 
講師 : 佐藤 方彦 (文化女子大学生理人類学研究室)

■第2回 6月20日(木)18:30-21:00
暑がり・寒がりと住まい方
講師:垣鍔 直(足利工業大学建築学科)

■第3回 7月25日(木)18:30-21:00
衣服の内と外の気象
講師:田村 照子(文化女子大学服装学研究所)

---------------------------------------------------
会 場:環境パートナーシップオフィス(EPO)会議室
参加費:<4回分> 会員 4000円 一般 5000円
    <1回参加>会員 1300円 一般 1500円
申込み・問合せ:オイコスフォーラム事務局
    TEL 03-3706-3101 FAX 03-3706-3102
    e-mail:entracte@m.email.ne.jp
    〒156-0054 東京都世田谷区桜丘4-5-5-203

【登録日】2002.06.26

[任意団体 オイコスフォーラム]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2002.06.26

【登録者】オイコスフォーラム

この情報の修正・削除