EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
レスポンスアビリティ主催 特別セミ...
次の記事へ
 件数:29607件
 新着順に表示
 3498-3507件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

開催日 | 2014.07.29    開催地 | 東京都   カテゴリ | エコビジネス >> 環境と経済
募集期間 | 2014.07.01〜2014.07.18    登録日 | 2014.07.16
レスポンスアビリティ主催 特別セミナー どうする? マテリアリティの特定と統合報告への対応 〜先進企業に学ぶ自然資本会計の使い方〜
この情報の修正・削除
●開催場所
・エッサム神田ホール 中会議室601

●対象
・CSR部門あるいは環境部門の責任者・担当者
・ESG投資に興味のある方
・企業の広報部門の方


●本セミナーの特長
今回はマテリアリティの特定(G4対応)と自然資本に関する報告の行ない方(<IR>対応)に関して、自然資本会計の手法がどのように応用できるのか、先進企業の事例を交えながら、分かりやすくご紹介いたします。

●プログラム
第1部
14:00〜14:05 本日のプログラム紹介
14:05〜15:10(65分)マテリアリティの特定と統合報告への対応: 足立直樹
15:10〜15:30(20分)質疑応答・まとめ

第2部 (希望者のみ)
15:40〜16:30(40分) マテリアリティ分析サービスの説明会: 足立直樹

●参加料
3000円(税込、お一人)

●詳細・参加お申込みはこちら
http://www.responseability.jp/pj/mtsem

●お問合せ先
株式会社レスポンスアビリティ(http://www.responseability.jp
〒141-0021 東京都品川区上大崎1-1-4 
TEL:03-6303-9799 
担当:井上

登録者情報 |
株式会社レスポンスアビリティ
  inoue@responseability.jp
  http://www.responseability.jp/pj/mtsem


ページトップへ