EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
12/7 【住民訴訟原告団・来日セミナ...
次の記事へ
 件数:29643件
 新着順に表示
 42-51件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

開催日 | 2017.12.07    開催地 | 東京都   カテゴリ | 地球環境 >> 国際環境協力
   登録日 | 2017.11.21
12/7 【住民訴訟原告団・来日セミナー】 「違法・有害・供給過剰」なインドネシア・チレボン石炭火力の実態 ―日本の官民によるインフラ輸出と環境社会問題を考える―
この情報の修正・削除

日本の官民が推進しているインドネシア西ジャワ州・チレボン石炭火力発電事業では、すでに稼働中の1号機(660 MW)により、小規模な漁業や塩づくりなど住民の生計手段に大きな被害がもたらされてきました。いま、2号機(1,000 MW。総工費約22億ドル)の建設が進めば、生活がもっと苦しくなる――住民はさらなる被害を食い止めようと、拡張計画に反対する環境訴訟を地元で開始。その結果、2号機の環境許認可が取り消され、拡張計画が違法であることが確定しました。

しかし、日本企業の丸紅やJERA(東京電力と中部電力の合弁会社)が出資する事業者は、新たに発行された「改訂版」の環境許認可を根拠に、現在も拡張計画の建設作業をつづけています。また、住民勝訴の判決一日前に融資契約を締結(融資総額約2,000億円)という前代未聞の決定を行なった国際協力銀行(JBIC。日本政府100%出資)、および、日本の民間銀行は、「改訂版」の許認可に対する住民訴訟が再び起こされることを知りつつ、巨額融資の支払いを始めてしまいました。

本セミナーでは、今年5月にも来日し、同拡張計画への融資契約を締結してしまったJBICに対し異議申立てを行なったインドネシア住民・NGO・弁護士の原告団に再来日いただきます。訴訟で一度勝利し、それでも計画が止まらず、さらに現在、「改訂版」の環境許認可の有効性を問う環境訴訟を再び起こしているインドネシアの皆さんに、日本の官民によって違法な事業が不透明な形で進められている実態、および、現在、インドネシアで議論されている電力開発計画や環境規制の見直し等についての最新情報を報告してもらいます。

同拡張計画は、11月初めにドイツ・ボンで開催された第23回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP23)でも、同会議の期間中にJBICが融資の支払いを始めたことから、国際的な非難の声を浴びました。日本が世界の脱炭素化の流れに逆行し、石炭火力発電所への投融資を続けているためです。日本の官民によるインフラ輸出と環境社会問題を考える本セミナーにふるってご参加ください。



○日時:2017年12月7日(木)18:30〜20:30(開場18:00)
○会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)【最寄り:渋谷/表参道駅】
○参加費:無料


申し込み、詳細はこちらから↓
http://www.foejapan.org/aid/jbic02/cirebon/171207_event.html


登録者情報 |
国際環境NGO FoE Japan
 
  http://www.foejapan.org/aid/jbic02/cirebon/171207_event.html


ページトップへ