EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国際シンポジウム「野鳥と風力発電... 
次の記事へ
 件数:30313件
 新着順に表示
 594-603件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.02.17    開催地 | 全国   カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
   登録日 | 2018.01.25
国際シンポジウム「野鳥と風力発電のセンシティビティマップ〜その作成と活用方法〜」
この情報の修正・削除
風力発電と野鳥のセンシティビティマップについて、下記のようにシンポジウムを開催いたします。

・タイトル:「野鳥と風力発電のセンシティビティマップ‐その作成と活用方法」
・日時:2018年2月17日(土)10:00〜17:00(開場9:30)
・会場:東京都市大学 横浜キャンパス 3号館・31A教室
    (〒224-0015 神奈川県横浜市都筑区牛久保西3丁目3−1)
・入場無料
・事前申し込み不要
・日英同時通訳あり(通訳機のお渡しは先着100名様まで)

・目的:
 風力発電施設の建設計画に関わるステークホルダー(環境コンサルタント、事業者等)や研究者、学生、自然保護団体等を対象として、風力発電施設建設に起因する鳥類への影響を回避するために最も有効な手段であるとされ、欧州を中心に盛んになっている風力発電事業に関連した鳥類センシティビティマップ(風車建設の影響を受けやすい鳥類の生息地マップ)の作成や活用の事例について国内外の事例を学びます。そして、今後どのようにしたら日本国内でもセンシティビティマップの作成が盛んに行われるようになるかを考えます。


・プログラム:
10:00−10:10 開会挨拶
10:10−10:30 環境省における全国向け野鳥と風力発電のセンシティビティマップ
          有山 義昭/環境省自然環境局 野生生物課
10:30−10:50 衝突履歴を利用した全国スケールのセンシティビティマップ作成の試み
          北村 亘/東京都市大学環境学部
10:50−11:10 鳴門市でのゾーニングにおけるセンシティビティの評価検討について
          市川 大悟/世界自然保護基金ジャパン
11:10−11:30 北海道北部における繁殖海鳥の洋上風力発電センシティビティマップ作成事例
          風間 健太郎/北海道大学水産科学院
11:30−11:50 北海道宗谷地域における野鳥と風力発電のセンシティビティマップ作成事例
          浦 達也/(公財)日本野鳥の会 自然保護室
11:50−12:10 国内外のゾーニングの取り組みと今後の課題
          分山 達也/(公財)自然エネルギー財団
12:10−13:00 昼休み
13:00−13:50 Reconciling birds and wind energy: The importance of sensitivity mapping
         (野鳥と風力発電の調和‐センシティビティマップの重要性)
          Tristram Allinson/BirdLife International
13:50−14:40 Bird Sensitivity Mapping Tool for Wind Energy Developments in Ireland
         (アイルランドにおける野鳥のセンシティビティマップと風力発電開発)
          Oonagh Duggan/BirdWatch Ireland
14:40−15:20 Bird sensitivity maps and wind farm development in Bulgaria
         (ブルガリアにおける野鳥のセンシティビティマップと風力発電開発)
          Irina Kostadinova/Bulgarian Society for the Protection of Birds
15:20−15:30 休憩
15:30−16:30 パネルディスカッション−どうしたら日本でセンシティビティマップが普及、活用されるのか−
        ・パネリスト:T. Allinson、O. Duggan、I. Kostadinova、有山義昭、市川大悟、風間健太郎、浦達也、分山達也
        ・モデレーター:北村 亘(東京都市大学・講師)
16:30−16:50 開場からの質疑応答
16:50−17:00 閉会のあいさつ

主催:(公財)日本野鳥の会
共催:東京都市大学環境学部・バードライフインターナショナル東京
助成:地球環境基金

本件お問い合わせ先:ura@wbsj.org(担当者:浦)

登録者情報 |
浦 達也(日本野鳥の会)
  ura@wbsj.org
  http://www.wbsj.org/


ページトップへ