EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
2018年3月22日 東日本大震災復興支... 
次の記事へ
 件数:30318件
 新着順に表示
 554-563件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.03.22    開催地 | 大阪府   カテゴリ | エネルギー >> 原子力
   登録日 | 2018.02.10
2018年3月22日 東日本大震災復興支援無料セミナー 大阪ATC
この情報の修正・削除
東日本大震災復興支援セミナー

今年3月で東日本大震災から7年が経過します。今年1月現在、被災者支援も進み、避難者が当初の47万人から8万人まで減少し、住宅再建も着実に進捗し、2018年度までに概ね完了する見込みです。また、産業・生産の再生も進み、被災3県の生産の水準は、ほぼ回復しています。

しかし、被災地、特に福島県では、原子力災害による風評被害に悩まされており、観光振興や農産物、水産物に悪影響がでています。今回、被災地における放射性物質(セシウム)の挙動や現在の状況を正しく知り、東日本大震災からの復興を支援するためのセミナーを開催しますので、是非、ご参加ください。


◆講演:環境中の放射性セシウムの挙動 〜被災地の環境回復と創生に向けて〜
 講師:国立研究開発法人 国立環境研究所 福島支部 研究グループ長 林 誠二 氏


◆講演:福島第一原子力発電所事故にともなう放射線影響と健康リスクを最小にする活動
 講師:公益財団法人 原子力安全研究協会 研究参与 菊地 透 氏
(元自治医科大学 RIセンター管理主任)

◆講演:福島の今 福島産食品の安全性と福島旅行の勧め
 講師:福島県大阪事務所 所長 阿部 秀宏 氏

■ 日時
2018年3月22日(木)13:30〜16:40

■受講料:無料

■会場: おおさか ATC グリーンエコプラザ (セミナールーム)
http://www.ecoplaza.gr.jp/access/index.html

■定員:80名

■主 催:おおさか ATC グリーンエコプラザビジネス交流会 水・土壌汚染研究部会、環境省
おおさか ATC グリーンエコプラザ実行委員会(大阪市、アジア太平洋トレードセンター株式会社、日経新聞社)

■お問い合わせ:
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1-10 ATCビル ITM棟11F
おおさか ATC グリーンエコプラザ 東日本大震災復興支援セミナー係
https://area18.smp.ne.jp/area/card/251/IBOoJa/M?S=sapa0pcm0k

◆参照リンク
https://blogs.yahoo.co.jp/atcmdk/15377847.html

登録者情報 |
水・土壌汚染等研究会
 
  https://blogs.yahoo.co.jp/atcmdk/15377847.html


ページトップへ