EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
スマートホームからスマートライフへ 
次の記事へ
 件数:30318件
 新着順に表示
 394-403件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.06.11    開催地 | 東京都   カテゴリ | 環境一般 >> その他(環境一般)
   登録日 | 2018.05.09
スマートホームからスマートライフへ
この情報の修正・削除
【第1部】<特別招聘>経済産業省による講演&名刺交換

経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 課長補佐(総括)
渡辺 琢也(わたなべ たくや) 氏

【13:00〜13:30】

経済産業省のスマートライフ政策

音声デバイスの登場により、スマートホーム市場が動き出しています。現在、各方面でライフデータを活用したビジネス提案が活発化している中で、経産省では、2017年度の実証で「接続に関するルールの整理」を行ったところ。今年度は、社会課題テーマ毎のサービス実証を行い、スマートライフ市場創出を目指します。今回は、このスマートライフ政策についてご紹介します。


【第2部】スマートホームからスマートライフへ 市場創造とサービス事例

積水ハウス株式会社 新規事業企画部 部長
藤岡 一郎(ふじおか いちろう) 氏

大和ハウス工業株式会社 主任研究員
吉田 博之(よしだ ひろゆき) 氏

イッツ・コミュニケーションズ株式会社 執行役員 事業戦略本部長
Connected Design株式会社 代表取締役社長
武田 浩治(たけだ こうじ) 氏

シャープ株式会社 IoT通信事業本部IoTクラウド事業部 事業部長
白石 奈緒樹(しらいし なおき) 氏

株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー事業本部
エネルギーシステム戦略グループ
主席研究員 チーフプロジェクトマネージャー
平田 直次(ひらた なおつぐ) 氏

【13:40〜17:00】

<1>実証事業における積水ハウスのサービス基盤の考え方

藤岡 一郎 氏【13:40〜14:15】

当社は新築集合住宅3棟の各入居者像からサービスを想定し必要となる基盤を構築しました。また各メーカークラウドと接続するためのAPI標準化を目指しました。このプロセスと実証で得られた課題についてご紹介します。

1.入居者ベネフィットの想定
2.クラウド連携APIの考え方
3.利用許諾、プライバシーポリシーについて
4.サービサー連携の課題
5.住宅機器接続に関する課題
6.事業化に向けた課題


<2>大和ハウスで構築したクラウド基盤の概要とモニタ実証結果

吉田 博之 氏【14:20〜14:55】

当社が構築した、IoT機器やwebサービスとECHONET機器をWebAPIを通じて統合的に扱う事ができる情報基盤と、活用したサービス事例やモニタ実証での評価結果について紹介します。

1.提案コンセプト
2.構築したシステムの特徴
  (Node.jsで開発したECHONETコントローラー、統合WebAPI)
3.モニタ実証で提供したサービスとアンケート結果
4.実証を通じて得られた課題と解決に向けた提言


<3>東急グループが目指す「暮らしのIoT」

武田 浩治 氏【15:05〜15:40】

「街づくり」を標榜する東急グループは、常に先進的な取り組みによる「安心」「安全」「利便性の向上」をご提供しています。IoTの普及のカギは、必要なサービスを充実させる仕組み作りですが、既存のビジネスモデルの概念だけでは解決できないと考えます。競合や産業区分を超える協業の取り組みを「街づくり」の立場からご紹介します。

1.東急グループ、イッツコム、Connected Designの紹介
2.「インテリジェントホーム」の現況
3.「インテリジェントホーム」のお客様の利用状況について
4.今後に向けた方向性について
5.Connected Home Allianceについて
6.質疑応答/名刺交換


<4>AI・IoTが実現するスマートライフ

白石 奈緒樹 氏【15:45〜16:20】

IoT機器を通じて人を知り、AIが最適な提案をする“人が主役となるスマートライフ”の実現に向けて、関連業界全体で取り組むべき課題とSHARPの取り組みについて紹介します。

1.スマートライフ実現に向けて業界全体で取り組むべき課題
  Ex.データカタログ、データ流通、セキュリティ、オープンなサービス提供環境

2.様々な機器とサービスの連携で、
  暮らしを便利・快適にするSHARPのソリューション紹介
  Ex.家電機器のIoT化、IoTサービスの提供、IoTプラットフォーム構築


<5>【ディスカッション】サービサーへの期待とデータカタログの可能性

【16:20〜17:00】

先の各社からの講演内容も踏まえつつ、各社が考えるサービス実現の方向性、サービサーへの期待とパートナーシップの成立要件、及びその成功の鍵を握ると思われるデータカタログの可能性等について自由議論を行う。

◆ファシリテーター:
 株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー事業本部
  エネルギーシステム戦略グループ 主席研究員 
   チーフプロジェクトマネージャー 平田 直次 氏

◆パネラー:
 積水ハウス株式会社 藤岡 一郎 氏
 大和ハウス工業株式会社 吉田 博之 氏
 イッツ・コミュニケーションズ株式会社 武田 浩治 氏
 シャープ株式会社 白石 奈緒樹 氏

登録者情報 |
新社会システム総合研究所
  info@ssk21.co.jp
  http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_18204.html


ページトップへ