EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
第52回 環境省担当者に聞く「海洋プ...
次の記事へ
 件数:30687件
 新着順に表示
 327-336件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.11.30    開催地 | 東京都   カテゴリ | 地球環境 >> 海洋汚染
   登録日 | 2018.11.07
第52回 環境省担当者に聞く「海洋プラスチック問題」〜企業はどう対応すべきか(2018年11月30日開催)
この情報の修正・削除

イーズ未来共創フォーラムは、業種やセクターを超えて「共創力をはぐくむ場」を提供し、「共創のための作法と力」を身につけるために、異業種勉強会を開催しています。

次回は注目の「海洋プラスチック問題」を取り上げます。「海洋プラスチック問題」に対しては、来年6月に開催されるG20の議長国である日本として、しっかりしたビジョンを打ち出すため、政府のうごきも活発になってきています。

枝廣も参加している環境省のプラ戦略小委員会では、野心的な目標を掲げた「プラスチック資源循環戦略」の素案が先日だされました。今回のゲストスピーカーには当小委員会の事務局で中核を担う環境省の担当者をお招きし、プラスチックに関する日本と世界の現状や動向、そして日本政府の方向性や業界の取り組み状況についてお話しいただきます。

◆日 時:11月30日(金)13:30〜17:00(予定)、終了後懇親会あり
◆会 場:東京都内(参加者には決定次第、主催者よりご連絡致します)
◆テーマ:『 環境省担当者に聞く「海洋プラスチック問題」〜企業はどう対応すべきか』
◆参加費:8,200円(税込/おひとりさまあたり)
◆対 象:環境・CSR・調達・IR・経営企画ご担当者さま
◆募集人数:30名
◆スピーカー・ファシリテーター:枝廣淳子
◆主催:有限会社イーズ
◆詳細:https://www.es-inc.jp/network/forum/2018/nwk_id009735.html


登録者情報 |
有限会社イーズ
 
  https://www.es-inc.jp/network/forum/2018/nwk_id009735.html


ページトップへ