EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
台湾「毒性及び懸念化学物質管理法... 
次の記事へ
 件数:30609件
 新着順に表示
 28-37件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2019.02.18    開催地 | 東京都   カテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
   登録日 | 2019.02.06
台湾「毒性及び懸念化学物質管理法」の施行解説セミナー 2/18(月)[東京]
この情報の修正・削除
台湾「毒性及び懸念化学物質管理法」の施行について解説いたします。

ハニカム・テクノリサーチ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:陳梅官)は、2/18(月)以下の内容でセミナーを開催します。

台湾総統府は、2019年1月16日に「毒性化学物質管理法」を正式に「毒性及び懸念化学物質管理法」へと改題し、かつ改正後の全条文を公布しました。

「国家化学物質管理会議」の設置、不正利益の追徴、及び告発者に関する条項などは、即日有効なものもあれば、 毒性化学物質、懸念化学物質及び化学物質登録制度の監督管理措置等に関する更新や改訂内容は、一定機関の猶予が設けられるものもあります。
この法規には既存・新規化学物質の年度報告も新たに追加されており、今後の台湾での化学物質管理を方向付けております。

当該法規に関して、台湾総統府は1月21日(月)に説明会を実施、弊社も説明会に参加し、最新情報を入手してまいりました。

一年間の猶予はあるものの、日本企業は早期に対応に着手していくべきだと考えております。
そこで本セミナーでは、当該法規の詳細、また当該法規の施行による日本企業への影響に重みをおいて説明いたします。
この機会にぜひご参加ください。

日時:
2019年02月18日(月) 13:30-16:30 (開場 13:00)

要旨:
1.台湾法規制の最新動向
2.「毒性及び懸念化学物質管理法」解説
3.当局説明会の概要
4.実施スケジュールと日本企業の対応
5.まとめ

講師:
陳梅官 / ハニカム・テクノリサーチ(株) 代表取締役社長兼CEO
中川理緒 / ハニカム・テクノリサーチ(株) コンサルティング事業部 部長

場所:連合会館201会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

受講料:1名につき20000円(消費税別、資料代・お茶代込)

主催:ハニカム・テクノリサーチ株式会社

登録者情報 |
ハニカム・テクノリサーチ株式会社
  sales@honeycomb-tr.com
  http://www.honeycomb-tr.com/Seminar/1249/


ページトップへ