EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
中部電力における技術開発とイノベ... 
次の記事へ
 件数:30806件
 新着順に表示
 124-133件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2019.05.21    開催地 | 東京都   カテゴリ | エネルギー >> その他(エネルギー)
   登録日 | 2019.03.13
中部電力における技術開発とイノベーション
この情報の修正・削除
【講師】
中部電力株式会社 技術開発本部技術企画室企画グループ
課長 兼 技術革新推進ユニットリーダー
市川 英弘(いちかわ ひでひろ) 氏

【重点講義内容】
中部電力では、電力の安定供給と言った変わらぬ使命の完遂と、新たな価値の創出を同時達成すべく  目標にチャレンジしており、技術開発部門においてもIoT、AI、ブロックチェーンなどをイノベーションに不可欠な技術と位置づけ、国内外のスタートアップ企業との連携を強めている。
本講義では、電力分野におけるブロックチェーン技術の活用を中心に、中部電力におけるブロックチェーン技術やスマートメーターデータの活用事例を紹介し、今後の進展が注目される個人間の電力取引プラットフォームの開発状況等について解説する。

1.中部電力の経営ビジョンと技術戦略

2.電力分野におけるブロックチェーンの活用
 (1)ブロックチェーンの一般知識
 (2)電力分野におけるブロックチェーンのユースケース
 (3)P2P取引が伸びない要因

3.中部電力における実証研究の紹介
 (1)ブロックチェーンの実証研究の紹介
 (2)スマートメーターデータの活用の紹介

4.競合他社・国のブロックチェーンの取り組み概況
 (1)各社の取組みと実証事業概要
 (2)今後の展開と必要とされる取り組み

5.質疑応答/名刺交換

【講師プロフィール】
市川 英弘(いちかわ ひでひろ) 氏
1993年 芝浦工業大学大学院電気工学専攻修了同年 中部電力株式会社 工務部入社
2011年 一般社団法人海外電力調査会出向
2014年 中部電力技術開発本部研究企画グループ課長
2018年 現職  現在に至る
<専門分野>
・送変電設備・系統計画、国内外の技術調査および評価
・スマートメータデータを用いたディスアグリゲーション
・ブロックチェーン技術を用いたEVチャージシステム
・電力P2P取引プラットフォームなど

登録者情報 |
新社会システム総合研究所
 
  http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19154.html


ページトップへ