一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報災害時における水の確保−地下水利用の現状と課題をさぐる−

災害時における水の確保−地下水利用の現状と課題をさぐる−

【カテゴリ】 水・土壌環境 その他(水・土壌環境)

【開催日】2020.01.17

【開催地】東京都


2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、2016年の熊本地震、2018年の北海道胆振東部地震など2010年以降全国的に大きな地震が頻発しています。また近年では、台風や集中豪雨による豪雨災害なども多数発生しています。このような災害時に地下水は生活用水として重要な水源となり得ます。
 2018年からスタートした内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」では災害時地下水利用システム開発が組み込まれるなど、地下水を取り巻く環境は近年大きく変化してきていますが、地下水に関する過去の研究や経験を将来に活かすためには、産学官が連携・協力を進めていくことが必要不可欠です。
 このような観点から、地下水学会では国レベルの対応状況、自治体での経験や準備状況などについて専門家や担当者をお招きし、被災時の地下水利用のあり方について考える機会を設けることといしたしました。被災時の非常用水源としての地下水利用はどうあるべきかについて、専門家や自治体関係者のみならず一般の皆様も対象として広く理解を深める機会といたします。

【登録日】2019.12.02

登録者情報

【登録日】 2019.12.02

【登録者】竹内真司

この情報の修正・削除