以下は各品目のリサイクルに関する一般的な情報です。あなたのまちにおける各品目の排出方法やリサイクル方法などの詳細情報に関しましてはお住まいの市町村にお問い合わせ下さい。
排出方法「ここがポイント!」
ポイント1 必須:キャップを取る
なぜ? 異素材のキャップは、再生ガラスの品質に悪影響を与えることが懸念されます。 プラスチック樹脂キャップは、有機物なので燃えると泡を発生させるため、再生したガラスびんの強度が低下してしまいます。また、ガラスの色調にも影響を与えます。

また、アルミニウムキャップは、溶解ガラスのシリカと化学的に結合し、シリコンストーンを生成します。シリコンストーンは未溶解物として残り、出来たガラスびんの強度を低下させてしまいます。なお、アルミキャップだけでなく、王冠やガラスびん口部の金属シール、密封シールなどが付いたまま排出されると、ガラスびんをつくるときに溶けずに残ったり、キズやヒビをつくる原因になり、ガラスびんの強度を低下させます。

但し、外れにくい中栓は無理に外さず、そのまま排出してください。また栓を外す際には危険のないよう十分にご注意ください。

現在では、酢や醤油びんの一部などでキャップを取りやすいびん製品が販売されており、又ラムネびんについても逆ネジでキャップが簡単に取れるものもあります。

ポイント2 必須:中身をさっと洗う
なぜ? あきびんに中身が残って汚れていると、リサイクルの工程で悪臭が発生したり、腐敗したりするため、非常に不衛生です。ガラスびんを保管しているストックヤードが汚れることも考えられ、また、手作業で回収、選別等を行うことから不衛生であるとともに労働環境上も避けなければなりません。
ポイント3 必須:あきびん以外のものを混ぜない
なぜ? ガラスびん以外の素材が混入した場合、市町村の再資源化施設や、カレット工場、ガラスびん製造工場など、各段階で問題が出てしまいます。(選別工程での問題:「カレットのできるまで」参照)

まず、ステーションに排出されたあきびんを市町村の資源化施設に集め、選別などを行う場合、異物が混入していると、選別に要する作業量が増え効率が低下します。さらに、異物の影響でリサイクル可能なあきびんも残さになってしまうこともあります。

色分けされたあきびんをカレットに加工するカレット工場では、耐熱ガラスなどの異物が混入し、破砕してしまうと、目視では見分けが付かず、取り除くことができません。搬入段階で、耐熱ガラスなどが混入していないことが重要になります。また、鉄分、鉛、すずなどの異素材が混入すると、溶解ガラス中に残置し、びんの肩口から底までシワ状に色が入り、強度にも悪影響が出ます。

アルミキャップ、耐熱ガラス、陶磁器などの異物が、カレットに混ざった状態で、ガラスびんの原料として利用されると、熔解の段階で溶けずに残り、ガラスびんにキズやヒビをつくることがあり、割れる原因となることがあります
 
【混入してはいけない異物の例】
・金属類(鉄、アルミ、その他)
・陶磁器(陶器、磁器)
・石類(石、コンクリート、土砂、赤レンガ等)
・異質ガラス
(耐熱ガラス、クリスタルガラス・光学ガラス)
・有機物(プラスチック、木片等)
ポイント4 はがしにくいラベルは無理にはがさないで大丈夫
なぜ? ガラスびんにとってキャップと共にラベルも異素材ですが、はがしにくいラベルをカッター等を使ってはがそうとするのは危険です。無理にラベルを剥がさないで下さい。
 
▲TOPへ戻る
回収できるもの、できないもの
豆知識1  回収対象とななる「ガラスびん」は以下のようなものです
 
回収するもの
ガラスびん(飲料びんなど、「口に入れられる物の入ったびん」のことを指します。)
ガラスびんであれば表面がざらざらしていたり、色の異なるものでも回収できます。
回収できないもの
  回収が困難な理由
ガラスびん以外のガラス(板ガラス、電球、蛍光灯など) ガラスびんと化学組成が異なるため、ガラスびん原料として用いることができない。
耐熱ガラス製品 ガラスびん生産時の溶解工程で溶けずに残ってしまう。
陶磁器(茶わん等) 再生びんの品質に影響を与える。
化粧品のびん 口も小さく、洗っても残った中身が完全には除去できない。
ガラス製の食器 商品の容器として用いられていない食器は対象外。清酒カップなどの容器は対象。
土砂などの石類が付着したびん 再生びんの品質に影響を与える。
乳白色のガラス製のびん ガラスびんと化学組成が異なるため、ガラスびん原料として用いることができない。
劇薬・農薬が入っていたびん リサイクル過程で有毒ガスを発生するなど、衛生面、安全面で危険を伴なう可能性がある。
割れたびん 色分別が困難であり、また、取扱に危険が伴う。
あなたのまちのルールに従って排出して下さい。

豆知識2  同じ「ガラス」なのに耐熱ガラスは回収できないのはなぜ?
  耐熱ガラスは、ガラスびんのガラスとは組成が大きく異なります。耐熱ガラスはガラスびんとは溶ける温度が異なる(耐熱ガラスの溶ける温度は約1900度、ガラスびんの溶ける温度は約1500度)ため、ガラスびん製造工程において溶けずに固体として残ってしまい、びんの強度を損なう原因となります。(溶解工程での問題:「ガラスびんのできるまで」参照)

しかもこれらのガラスは、びんガラスと見分けがつきにくく、特に割れた状態で混ぜられると、分別はほとんど不可能です。そこで、家庭などからの排出時点で、しっかり分別することが必要不可欠となります。(選別工程での問題:「カレットのできるまで」参照)

なお、耐熱ガラスの例としては、哺乳びん、理化学系(フラスコ、試験管等)、電子レンジ用食器、調理器(加熱できるもの)その他に、電球、蛍光灯が挙げられます。これらは通常不燃ごみとして処理されています。

また、化粧品のびんは、口も小さく、洗っても残った中身が完全には除去できないこともあり、混入しないで下さい。また、びんに付着した土砂は異素材となって再生びんの品質に影響を与えますので、気をつけて下さい。

豆知識3   割れたびんは回収できないのはなぜ?
  資源化センターで色分別を行う際、割れたガラスびんが混ざっていると色分別がしづらいだけでなく、危険が伴います。効率面や安全面を考えて、割れていない状態で排出して下さい。割れたびんは、不燃ごみや家庭ごみの日に危険のない状態で排出して下さい。

※但し、割れたびんの取扱いは、市町村によっては排出できるところもあります。あなたのまちにおけるルールに従って、排出して下さい。
豆知識4   色のついたびんは混ぜていいの?
  青、緑、黒のびんも色分別すればびんとして再使用が可能でです。青、緑のカレット混合したものは茶色のびんにリサイクルされています。

▲TOPへ戻る
回収されたガラスびんはどうなっているの?
豆知識1  色分け、異物を除去してカレットに、そして再びガラスびんへ
  回収されたガラスびんは市町村の資源化センターで少なくとも無色、茶色、その他の色の3色に選別し、ガラスびん以外の異物を除去します。各色ごとに10tダンプ1台分の量がストックした時点でカレット工場に運ばれます。

カレット工場では、ガラスびんを破砕機で砕いた後、磁気や風圧を利用してキャップやラベルなどの異物を除去します。機械での除去が困難な陶磁器類や細かいアルミなどは丹念に人の手により取り除かれます。丈夫で美しいガラスびんを作るためには、異物が除かれたきれいなカレットが必要です。

カレットはガラスびん製造の重要な原料になります。ガラスびんは何度も繰返し新しいびんとして甦る貴重なリサイクル資源です。ガラスびんを作る原料の約80%がガラスびん(使用済み)を細かく砕いたカレットなのです。このカレットを、けい砂、石灰石、ソーダ灰などの天然の原料に混ぜて、溶かし、成型すると新しいガラスびんができあがります。

また、カレットはガラス原料以外にも使われています。「その他の色」などびんへの利用が難しいカレットは、例えば、アスファルトに混ぜて道路の舗装材として活用したり、タイル、ブロック、グラスウール(断熱材)、人工大理石を作るなど、その用途は様々です。
 
  (出典)ガラスびんリサイクル促進協議会
HP http://www.glass-recycle-as.gr.jp
  【詳細な情報は…】
ガラスびんリサイクル促進協議会 HP http://www.glass-recycle-as.gr.jp
をご参照下さい。
 
▲TOPへ戻る