以下は各品目のリサイクルに関する一般的な情報です。あなたのまちにおける各品目の排出方法やリサイクル方法などの詳細情報に関しましてはお住まいの市町村にお問い合わせ下さい。
同じ空き缶でもアルミ缶とスチール缶で処理の仕方が違います。
アルミ缶のリサイクル講座も参考にして下さい。
排出方法「ここがポイント!」
ポイント1 必須:各市町村のルールに従って分別すること
なぜ? 各市町村によって受け入れる資源化施設の能力が異なりますので、各市町村のルールに従って頂くことが必要です。例えば、飲料缶だけしか乗せることが出来ないベルトコンベアを持った施設の市町村もあれば、不燃ごみとして収集して磁石でスチール缶を選別している市町村もあります。スチール缶は鉄でできていますので、磁石を用いて容易に選別することができ、市町村によってはアルミ缶と分けて集める必要がない場合もあります。

ポイント2 必須:中身は軽く水ですすいで
なぜ? 特に夏場は集積場所、分別作業場で悪臭が発生する可能性もあり、水で軽く洗浄して衛生的な状態で排出して下さい。但し、水資源を無駄にしないよう、水洗浄には、例えば食器を洗浄した後の水などをを使う工夫も考えられます。

ポイント3 スチール缶のふたはアルミ。でも取らなくて大丈夫
なぜ? 主に飲料用スチール缶等は、ふたの部分(プルタブのついた缶の上部)がアルミで出来ていますが、このアルミのふたを分別する必要はありません。アルミニウムと鉄が混ざってしまっても、溶解すると比重の重い鉄は自然と下の方へ沈み、アルミ酸化物を簡単に分離することが可能だからです。

また、溶解工程において、アルミは酸化することによって自ら溶融するのに要する熱量以上に発熱します。これはフェルミット反応と呼ばれ、アルミは全体の温度を上げる効果や、また、脱酸剤としてもスチール缶のリサイクルに役立っているのです。

なお、ここ分離されたアルミは、溶解工程時にスラグ化して分けられ路盤材(例えば、道路のアスファルト)として再利用されます。
 
▲TOPへ戻る
回収できるもの、できないもの
豆知識1  スチール缶にもいろいろ種類があるけれど、鉄製ならば大丈夫
  スチール缶は、他の自動車やスチール製の棚などの鉄素材と同様のリサイクルルートで、鉄素材に戻され、缶だけでなく、鉄製品になら何にでも何度でも生まれ変わります。(これをCAN for ALL、ALL for CANと言います。)そのため、鉄製であればリサイクルルートは同じであり、分別する必要はありません。

 
  (出典)全日本一般缶工業団体連合会 HP http://www.ippancan.or.jp/
 
▲TOPへ戻る
回収されたスチール缶はどうなっているの?
豆知識1  スチール缶は、「無限リサイクル」
  スチール缶は市町村によって回収方法が異なりますが、「スチール缶」や「缶」として分別排出された場合には、市町村の資源化施設などで資源物を選別・処理します。スチール缶は磁選機で選別され、運びやすいようにプレス加工されます。プレス処理されたスチール缶は鉄スクラップとして製鉄所に運ばれます。

一方「不燃ごみ」などとしてまとめて回収された場合、破砕機で破砕された後、磁選機でスチール成分が選別され、鉄スクラップとして製鉄所に運ばれます。

スチール缶のスクラップは、全国80カ所あまりの製鉄工場で原料として使用されています。その量は約90万tで、東京タワー225基分の鋼材に相当します。

製鉄所では、電炉と高炉の2種類のいづれかの方法でスチール缶スクラップはリサイクルされます。電炉は鉄スクラップを主原料として、鉄筋棒鋼などの建築材料など様々な材料を作っています。一方の高炉は、鉄鋼石を主原料としてスチール缶の材料となる薄板を作っています。この際、転炉という工程で鉄スクラップが利用されています。薄板は製缶工場に運ばれて加工・印刷され、次ぎに飲料工場で飲料を充填して市場に出荷されます。

スチール缶は、電炉や高炉を利用して、スチール缶をはじめ自動車、家電、鉄道、船舶の材料、ビルや橋梁といった建設資材など、「何にでも」「何度でも」さまざまな鉄鋼製品に生まれ変わります。もちろんまたスチール缶にも戻ります。スチール缶のリサイクルは”無限リサイクル”なのです。
 

  (出典)全日本一般缶工業団体連合会 HP http://www.ippancan.or.jp/
 
  (出典)スチール缶リサイクル協会 HP http://www.steelcan.jp/
豆知識2  現状、どれぐらいリサイクルされているの?
  スチール缶は鉄原料として、いろんなものにリサイクルされています。スチール缶リサイクル率 (= スチール缶再資源化重量 / スチール缶消費重量)は上昇傾向にあり、平成13年にはリサイクル率:85.2%に至っています。
 

  (出典)スチール缶リサイクル協会 HP http://www.steelcan.jp/
豆知識3  スチール缶をリサイクルすることによる効果は?
  スチール缶スクラップを使うことで、鉄鉱石から鋼材を製造する場合よりも、エネルギー消費量は75%も削減できます。これは神奈川県横浜市に匹敵する約130万世帯分の年間電力使用量を節約したことになります。(約100万トンスチール缶スクラップを使用した場合)

また、スチール缶スクラップは、全国80カ所あまりの製鉄工場で約100万t原料として使用されております。スチール缶スクラップを使うことで、鉄鉱石を150〜170万t、石炭80〜100万t、石灰石20〜30万tを節約することができます。

【詳細な情報は…】
スチール缶リサイクル協会 HP
http://www.steelcan.jp/

全日本一般缶工業団体連合会 HP
http://www.ippancan.or.jp
をご参照下さい。
(出典)
スチール缶リサイクル協会 HP
http://www.steelcan.jp/
 
▲TOPへ戻る