以下は各品目のリサイクルに関する一般的な情報です。あなたのまちにおける各品目の排出方法やリサイクル方法などの詳細情報に関しましてはお住まいの市町村にお問い合わせ下さい。
排出方法「ここがポイント!」
ポイント1 新聞、雑誌、段ボールなど、紙の種類ごとにひもでしばって
なぜ? 紙は、その原料となるパルプの種類によって品質や特性が異なり、種類ごとに違う用途の紙に再生されます(後述参照)。そのため、製紙工場では一定の品質の紙を作るために、原料として使用する古紙の種類をそろえなければなりません。回収の段階で古紙がきちんと分別されないと、製紙工場では、製紙原料としてそのまま使用できなくなってしまいます。

なお、牛乳パックの回収が各地で行われ、トイレットペーパーなどの原料として、製紙メーカーで利用されていますが、これは、牛乳パックだけを回収して、利用するものです。牛乳パックは、新聞、雑誌などの古紙とは別にまとめて回収しましょう。


また、古紙の回収にあたっては、新聞、雑誌、段ボールなどの種類別に分別し、古紙として不適なものを取り除き、ばらばらにならないようにヒモ(かみひもが最適)でしっかりしばって下さい。
 
▲TOPへ戻る
回収できるもの、できないもの
  古紙として不適なものが混じっていると、紙の原料にならなかったり、紙を作るうえで重大な障害を起こします(ex.汚れが生じる。印刷不良が起こる。)ので、古紙の中に入れてはいけません。
 
  (出典)財団法人 古紙再生促進センター HP http://www.prpc.or.jp/
豆知識1  同じ紙なのになぜリサイクルできないものがあるの?
  同じ紙でも粘着物のついた封筒やビニールコート紙、感熱紙、裏カーボン紙などは古紙に混ぜてはいけない「禁忌品」です。これらの紙は、製造工程や製品、また、製品加工や最終利用上にトラブルが発生する懸念があることから禁忌品とされています。

古紙を再生するには、ドロドロに水に溶かして漉き直さなくてはなりません。従って、ビニールやワックスで表面を覆った紙は、水に溶けないので再生するのがむずかしいのです。また、感熱紙やノーカーボンのように特殊な薬品で加工した紙は、発色してしまうなどの問題があります。これらの「不適物」が紙に混ざると品質が落ちるため、紙として商品になりません。また、製造工程においても、粘着物も問題になります。機器に汚れを付着させたり、再生の過程で分離しづらく、粘着性の塊となって残ってしまい、紙に穴をあけてしまうこともあります。
 
▲TOPへ戻る
回収された古紙はどうなっているの?
豆知識1  古紙の回収には色々なルートがあります
  家庭から発生する古紙は、主に、町内会や自治会などの集団回収を通じて回収されますが、このほか、新聞販売店が加わった回収や、地方自治体が直接回収する方法もあります。

こうして、集められた古紙は、建場(関西地区ではよせ屋)や古紙回収業者などを通じて直納業者に集められます。直納業者は、この古紙を梱包機械にかけて800kg〜1トンぐらいの大きさにプレスして、ワイヤーがけし、大型トラックに乗せ替えて製紙メーカーに運びます。それぞれの流通段階で、分別や古紙として不適なものの除去が欠かせません。

なお、古紙は家庭やオフィス以外にもさまざまなところから発生します。印刷・製本工場や新聞社などから裁ち落としや損紙、残紙などが、デパートやスーパーからは段ボールが大量 に発生します。古紙が大量に発生する場所からは主に坪上業者や専門買出人が回収し、いったん直納業者に送られます。また、直納業者が直接回収することもあります。

最近では、牛乳パックの回収やオフィスからの古紙回収が行われるようになってきました。

牛乳パックの回収は、回収される量が段ボールや新聞などに比べてはるかに少ないこともあって、回収ルートもまだ一般化されてなく、取り扱う回収業者も限られていますが、スーパーマーケットの協力や自治体での分別回収が各地で実施されています。

また、オフィスでは、OA機器の普及によって、紙ゴミの排出量が増加し、企業としても紙ゴミを古紙として分別回収する方向で様々な取り組みは行われ、企業でグループを作り回収ルートを工夫したり、商工会議所が事務局として活動するなどの、企業として紙リサイクルに参加する動きがあります。
 
  (出典)財団法人 古紙再生促進センター HP http://www.prpc.or.jp/

豆知識2  製紙工場に運ばれた古紙は、ほぐされ、異物を除き、抄紙機へ
  製紙工場に運び込まれた古紙は、最初に水(製紙工場では循環使用され、白水といいます)を入れた巨大なミキサーのようなパルパーという機械に投入され、底にある羽根の回転力によって水と混ざって繊維にほぐされます。(最近では、ドラム状の離解方式で異物除去をしながら繊維をほぐす装置を使って、古紙利用に効果を上げています)

新聞などのインキを取り除く場合には、あらかじめパルパーに脱インキ剤などの薬品を入れます。金属や木片、プラスチックなどの紙にならない異物はこのパルパーで除去されますが、細かくなったものは次の工程のクリーナーやスクリーンとういった機械で除去されます。

これから先は、インキ抜きするか、しないかで工程が変わってきます。

インキ抜きの工程では、次に、紙の繊維からインキを剥がすためのニーディング装置を通り、いったんタワーという装置に貯蔵して、インキを剥がれやすくしておき(洗濯のつけおき洗いの要領)、フローテーターで繊維から分離しやすくなっているインキを細かい泡で捕まえて除去します。そして、再び、クリーナーやスクリーン装置を使って残っているノリや粘着物などの軽い異物を除きます。

こうしてできあがった古紙パルプは、そのまま、あるいは新しいパルプと配合され、長いエンドレスの網を使った抄紙機(長網抄紙機といいます。このほか工夫された各種の抄紙機が実際に使用されています。)で紙にされます。

また、インキ抜きをしないでそのまま利用する場合には、主に段ボールやボール紙などの紙箱類に使用される板紙を作る抄紙機で紙になります。
 

 
(出典)財団法人 古紙再生促進センター HP http://www.prpc.or.jp/

豆知識3  古紙からは、どんなものが出来るの?
  古紙を再生利用した製品は、私たちのまわりにたくさんあります。ちり紙、トイレットペーパー、コミック雑誌の用紙は古紙が使われています。また、新聞紙、電話帳、印刷用紙、コピー用紙などにも古紙が利用されています。

段ボール箱などの梱包材料となる段ボール原紙の主要な原料は古紙で、段ボール原紙の中には、古紙100%で作られているものもあります。更に、商品を入れるボール箱、書籍の外装ケース、絵本などにも古紙は大切な原料となっています。

その他、石膏ボードなどの建材にも古紙から作られた紙が使用されています。

ところで、ひとくちに古紙といってもいくつかの種類があります。統計上では9種類に分けられています。それぞれ作る紙の種類によって使われる古紙の種類が異なります。量的に多いのは、段ボール、新聞、雑誌で、この3品種で古紙全体の約80%を占めています。最近回収されるようになった牛乳パックは、模造・色上の品種に入ります。

 
  (出典)財団法人 古紙再生促進センター HP http://www.prpc.or.jp/

  古紙は、紙以外の分野でも利用されています。住宅用の断熱材、ボード、りんごや卵を輸送時に保護する緩衝材などです。

ただし、紙以外への分野で使用される量は、古紙全体の1%弱にすぎません。古紙の大部分は製紙原料として利用されているのが現状です。現在、古紙を最も多く利用しているのは、「板紙」と呼ばれる段ボール箱やボール箱用の厚手の紙です。「板紙」は古紙を90%も利用して作られています。しかし、印刷用紙や包装用紙などの「紙」の古紙利用率は30%台で、まだ低いのが現状です。
 
  (出典)財団法人 古紙再生促進センター HP http://www.prpc.or.jp/

豆知識4  現状どのくらいリサイクルが進んでいるの?
  古紙回収率(消費された紙・板紙が回収された割合)、古紙利用率(製紙原料に占める古紙の割合)ともに伸びています。古紙の利用率は紙・板紙の種類によって異なり、4割を占める板紙の分野では古紙利用率は90%以上である一方で、6割を占める紙の分野では古紙利用率は30%強となっています。今後、古紙のリサイクルを進めるにあたっては、紙の分野の多くを占める印刷情報用紙への古紙利用を図っていくことが必要になります。
 

 
【詳細な情報は…】
古紙再生促進センター HP http://www.prpc.or.jp/
をご参照下さい

 
▲TOPへ戻る