不用品交換やフリーマーケット
家具や電気製品、古着、古本などでまだ利用できるものは、他の人に使ってもらいましょう(再使用)。
次の方法があります。
IMAGE 1.市町村などによる不用品あっせん IMAGE
市町村では、家庭に眠っている不用品の有効利用を進めるために、不用品あっせんや不用品交換情報の提供を行っているところがあります。あげたい人がリサイクルセンターなどに不用品を持ちこみ、もらいたい人が持ち帰るというしくみや、上げたい人ともらいたい人の情報を市町村が調整する、といったようなしくみがあります。
IMAGE
IMAGE 2.リサイクルショップ IMAGE

町のリサイクルショップや古本屋では不用品または古本を買い取ってくれます。
しかし、商品として売れるものに限ります。
IMAGE
IMAGE 3.フリーマーケット IMAGE

休日に公園などで不用品を持ち寄ってお店を開くフリーマーケットは、このところかなり盛んになっています。
リサイクル運動の団体や商店街、市町村が開くことが多いようです。市町村のリサイクル窓口に問い合わせると参加の方法を教えてもらえます。
IMAGE 4.知り合いにあげる IMAGE
もっとも手近なリサイクルの方法は、誰か知り合いにあげる、または譲る、というものです。気に入っていたものなどは知らない人に使われるより、知っている人に使われるほうが安心ですよね。
資料集にもどる