電気製品のリサイクル
電気製品は2通りのリサイクルの方法があります。
IMAGE 電器店の回収 IMAGE
平成13年4月より、不用になったテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの4種の電気製品は、電器店が引き取りそれをメーカに送るとメーカが再資源化する、という家電リサイクル法により、リサイクルが義務付けられました。
ただし、消費者(あなたの家)は引き取ってもらうための料金を支払うことが必要です。
使用済みの廃棄される(捨てられる)家庭電器製品は、廃家電品(はいかでんひん)と呼ばれます。
次の流れにより、廃家電品も再び資源になります。
IMAGE
(資料:(財)家電製品協会)
IMAGE 誰かに使ってもらう IMAGE
まだ使える電気製品は、もう一度誰かに使ってもらうことを考えましょう。
市町村などの不用品あっせん制度やフリーマーケットなどを利用することもできます。
不用品交換やフリーマーケット
資料集にもどる