牛乳パックのリサイクル
牛乳やジュースの入っている紙パック(ここでは牛乳パックと呼ぶことにします)は、
他の紙とは別のルートでリサイクルが進められています。
牛乳パックのリサイクルの流れ IMAGE
IMAGE
(資料:全国牛乳容器環境協議会)
牛乳パックは、スーパーやコンビニなどの店先にある専用の回収ボックス、または学校や町内会などによる集団回収からリサイクルされます。古紙を扱う業者を経て製紙メーカが買い取ると、そこで次のような工程で生まれ変わります。
  どろどろに溶かす → コーティングされていたポリエチレンを取り除く → 洗浄、殺菌 → 再び新しい紙へ
牛乳パックのリサイクルを進めよう IMAGE
牛乳パックに使われている紙は上質の紙です。これを捨ててしまうと貴重な資源の無駄になります。
牛乳パック30枚でトイレットペーパー5個になるのです。 必ずリサイクルしましょう。
回収に出すときは、次のルールを守ってね。

1.

飲み終わった牛乳パックの中をよくすすぐ
2. 切り開いて平らにして、よく乾かす
3. 束ねて回収に出す
なお、紙パックのうち酒やスープなどの入っている、内側をアルミ箔でコーティングしたものはリサイクルできません。
これは、ごみとして捨ててください。
資料集にもどる