環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第3講「Hキョージュ、水フォーラムを論じ、
ダイオキシンを語る」
第2講「Hキョージュ、循環型社会形成推進基本計画案を論じ、
環境アセスメントの意味を問う」
第1講「環境行政、2002年の総括と2003年の展望」
[an error occurred while processing this directive]
No. 第2講「Hキョージュ、循環型社会形成推進基本計画案を論じ、
環境アセスメントの意味を問う」
page 3/4  12
3
4
Issued: 2003.03.06
H教授の環境行政時評 (第2講 その3)


H教授―(つづき) さて、閣議アセス【8】からアセス法アセス【9】になって大きく変わった点がいくつかある。
それは計画の早期の時点で、事業計画が公開され、一般市民が意見が述べられるようになったこと、そして環境基準をクリアしてるかどうかだけでなく、環境影響を最小限にするための最善の努力、いわゆるミテイゲーション【10】をしたかどうかという視点を評価に取り入れたこと、さらに生物多様性の確保、住民の自然との触れあいという観点からも評価するようになったことが挙げられる。

Aさん―最初の2つはなんとなく分かるんですけど、最後の点は?

H教授―大体貴重な動植物や自然なんて、わざわざアセス調査するまでもなくわかってることが多いから、そういう場所はふつう外して計画する。でも貴重な自然でなくても、生物多様性の観点から生態系を評価する、また、住民の自然との触れあいということになれば、いわゆる里山なんかも評価の対象になる。

Aさん―なるほど愛知万博の海上の森がそうだったですね。でもなんで海上に森があるんだろう?

H教授―(相手にしない)愛知万博も計画を検討する段階でシデコブシとかサクラバハンノキといった貴重種があるところをはずしたんだ。そのうえで施設計画を作ってアセスを始めたんだが里山を潰すなという大合唱が起こった。
もっと効いたのは生物多様性の評価で、その一つとして上位性という考えを環境庁が示したこと。つまり食物連鎖の頂点にいる動物が重要になった。

Aさん―それがなにか?

H教授―貴重種のありかは文献を調べればあらかた判るけど、上位種として典型的な猛禽類の営巣地は文献ではよく分からないんだ。アセス調査ではじめてワシ、タカの営巣が確認されたりしたら、事業者にとってピンチになるし、反対派にとっては絶好の攻撃材料になる。愛知万博もそれが効いた。オオタカの営巣地がアセス調査で見つかったんだ。
ダメ押しは博覧会国際事務局(BIE)【11】のクレームだったけど。

 ページトップ

【8】 「閣議アセス」
1984年に、国レベルの大規模事業を対象とする環境アセスメントの実施が閣議決定され、環境アセスメントの要綱が作成された。これに基づく環境アセスメントを、通称、「閣議アセス」と呼ぶ。この閣議アセスに基づく環境アセスメントは、環境影響評価法が全面施行された1999年6月まで実施され、案件は448件に及んだ。
環境アセスメントの法制化作業は、1972年「各種公共事業に係る環境保全対策について」の閣議了解が行われた頃にはじまる。
1981年に当時の環境庁により国会提出されたものの審議は終了せず、1983年までに3回に渡って継続審議されたが、産業界や政府内部の反対を受けて難航し、審議未了のまま断念、廃案となった。閣議アセスはこれに代わって制度化されたもの。
【9】 「アセス法アセス」
環境影響評価法の手続により行われる環境アセスメントの略称・通称。これに対して、法制定以前の閣議決定に基づいて行われた環境アセスメントは、しばしば「閣議アセス」と称される。
環境影響評価法は、施行からまだ年月が短いことから、このような過渡的な略称・通称が用いられている。
ミテイゲーション私論


Aさん―じゃ、事業官庁はアセスに戦々恐々ですか。

H教授―そんなことはないよ。アセスに金をかけたり、アセス対応でミテイゲーションすることはある意味では生き残り作戦でもある。

Aさん―どういうことですか? 頭がこんがらかってきたじゃない。

H教授―ミテイゲーション、つまり環境影響緩和措置にもいろいろある。環境影響をゼロにするのは計画を断念することが考えられる。でもふつうは断念などするわけないから、いろいろカネをかけてマイナスの影響を小さくしようとするし、極端な場合は壊した自然と同量同質のものを別の場所に造成することだってある。

Aさん―そんな馬鹿な。わざわざ丸坊主にしてカツラを被るようなもんじゃないですか。

H教授―例えば干潟を埋め立てする場合には、埋め立てた前面か近くに同じだけの干潟を造成することなんてよくやられてるよ。藤前干潟だってそうしようとしたんだから。人工海浜なんかもそうだ。これを代償(ダイショウ)ミテイゲーション【12】という。いろんなやりかたがあるけどね。

Aさん―規模もさまざまなんですね? だからダイショウ(大小)ミテイゲーションか。



H教授―(無視して)組織が一番困るのは、仕事がなくなって予算と組織が小さくなることだよ。もうあらかた必要な事業を終えたとしても、ムリにでも理屈をこねて、仕事を作って予算を確保し、組織を維持拡大しようとする。そうすれば土建屋も喜ぶし、しかもそれで地域が一見うるおう。最近の公共事業ってそういうのが多いよ。
組織にとっては造られるものが必要なわけじゃなくって、造るための事業(仕事)が必要なんだ。だからミテイゲーションで事業ができるなら大助かりという面だってあるんじゃないかな。

Aさん―それで環境が守れるんなら、それに越したことないじゃないですか。

H教授―さして必要とも思えない、新しい公共事業とそのミテイゲーションの費用はだれが払うの?

Aさん―あ、そうか。廻り廻ってワタシたちやこれから生まれる世代のところに来るんだ。なるほどこの社会ってちゃんと循環してるじゃないですか。

H教授―(聞いてない)もはや700兆円とかいわれる借金を未来の世代にしてるんだよ。

 ページトップ
page 3/4  12
3
4
前のページへ 次のページへ

【10】 「ミティゲーション」(環境影響緩和措置)
人間の活動によって発生する環境への影響を緩和、または補償する行為をミティゲーションと呼ぶ。急激な湿地帯の減少に対処するため、1970年頃に米国で生まれた。ミティゲーションの対象は、現在でも湿地が主流となっているが、必ずしも湿地に限るわけではない。米国の大統領府直属の環境諮問委員会(CEQ)による整理では以下の5段階をあげている。
  1) 回避(Avoidance):ある行為をしないことで影響を避ける。
  2) 最小化(Minimization):ある行為とその実施に当たって規模や程度を制限することによって環境に与える影響を最小化する。
  3) 修正・修復(Rectifying):影響を受ける環境を修復、回復、復元することによって、環境に与える影響を矯正する。
  4) 軽減(Reduction/Elimination):ある行為の実施期間中、繰り返しの保護やメンテナンスを行うことで環境に与える影響を軽減もしくは除去する。
  5) 代償(Compensation):代替資源や環境を置き換えて提供することで、環境へ与える影響の代償措置を行う。
より簡易に、「回避」、「低減」、「代償」の3段階に分類することも多い。
これらの5ないし3段階はその順に検討することとされるとともに、米国では、ミテイゲーションの結果、環境影響をトータルでゼロにするノーネットロス原則が前提となっている。日本ではアセス法アセスの評価においてミティゲーションの考え方が採り入れられたと言われているもののノーネットロス原則は前提とされていない。
本来的意味合いから離れ、代償ミティゲーションのみをミティゲーションとみる矮小化されることも多い。
豆知識: 「海上の森(かいしょのもり)」
瀬戸市郊外の里山。内陸部にあって「海の上にある森」と記す地名の由来は諸説あるが、太古に東海地方が海の底に沈んでいた頃、この辺りだけ海の上にあったとする説、かつては他に先駆け開いた場所という意味の「開所」から代わったとする説が有力。
「東海丘陵要素植物群」と呼ばれる固有の希少種が群生するほか、オオムラサキやオオタカの生息・営巣なども確認されている。
【11】 「博覧会国際事務局(BIE)」
国際博覧会条約(1928年制定)の運用管理と保証の確保を目的として、1928年にフランスのパリに設立。2000年5月現在の加盟国は、88カ国。
5年に1回を越えない頻度で開催する国際博覧会(登録博)と、発展途上国などでの開催機会を設けるために、5年を経ずに1回だけ開催が認められる小規模の博覧会(認定博)がある。これらの開催計画の審査と開催の承認、また博覧会の運営についての指導、助言及び監視をおこなっている。
【12】 「代償ミティゲーション」
開発等の行為に際して、代替資源や環境を置き換えて提供することで、環境へ与える影響の代償措置を行うことを、代償ミティゲーションという。例えば、干潟を埋め立てする場合には、消失する干潟の前面や近くに同じだけの人工干潟を造成するなど。
日本ではミテイゲーションといえば代償ミテイゲーションを指すことが多いが、元来はミテイゲーションの諸段階の中でもっとも検討優先度の低い、いわば最後の手段にあたる概念とされる。
Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.