環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第6講 半年継続記念 読者の声大特集(付:コーべ空港断章)
第5講 脱ダム、自然再生、環境教育 三題噺
第4講「或る港湾埋立の教訓」
第3講「Hキョージュ、水フォーラムを論じ、
ダイオキシンを語る」
第2講「Hキョージュ、循環型社会形成推進基本計画案を論じ、
環境アセスメントの意味を問う」
[an error occurred while processing this directive]
No. 第5講 脱ダム、自然再生、環境教育 三題噺
page 2/4  1
2
34
Issued: 2003.06.05
H教授の環境行政時評 (第5講 その2)
川辺川ダム高裁判決

Aさん―そういえばダムじゃもうひとつ、川辺川ダムの高裁判決がでましたねえ【3】。あれはどうなんですか。

H教授―ダムそのものじゃなくて、ダムを水源とする利水事業、つまり土地改良事業の計画を決定していたんだけど、その際、受益者である事業予定地の農家のうち3分の2以上の同意がいる。その同意書のなかにはインチキなものがあり、それをカウントすると3分の2にはならないから無効だって判決だ。

Aさん―じゃ、ダムの建設には直接関係ないんですか。



土地改良事業のフローチャート(農林水産省の資料などより作成)
画像の上にマウスを置いてみてください。




H教授―そんなことはない、あれは多目的ダム、つまり利水、治水双方が目的になっている。そのうち利水について手続きが不当だということになれば、やり直すか、治水目的のみに変更しなければならないけど、そのためには県知事の同意だとか議決が必要。 でもねえ、治水にしたってダムは不要だという、かなり強い地元反対派の意見があるし、公共事業削減というのが本音かどうかはともかく地方レベルでもコンセンサスが得られつつあるから、中止になる可能性もあるんじゃないかな。

【3】 川辺川ダム 福岡高等裁判所判決
国営川辺川土地改良事業計画も含めて、川辺川ダム問題について、熊本日日新聞では「考 川辺川ダム」という特集を組んで、関連記事などを中心に整理している。
また、同訴訟控訴審判決について、農林水産大臣および事務次官の会見、また国土交通大臣の会見の概要が、それぞれ農林水産省HPおよび国土交通省HPより確認できる。
考川辺川ダム(熊本日日新聞社)
農林水産省大臣等記者会見
1. 亀井農林水産大臣5月16日記者会見概要
2. 同19日会見概要
3. 同20日会見概要
4. 渡辺農林水産事務次官記者会見概要
5. 同19日会見概要
6. 同22日会見概要
国土交通大臣会見
1. 扇国土交通大臣5月16日記者会見概要
 2. 同20日記者会見概要
川辺川ダム本体事業(場所や目的、環境調査報告や事業進捗などについて)
止まらない公共事業の真相=深層

Aさん―でもなんで公共事業って、いったん走り出したら止まらないんですか。長良川だって、最初は利水っていっておきながら、状況がかわれば治水だっていいだしたでしょう。どうしてやめられないのかしら。役人のメンツ?

H教授―メンツよりもっと大きいいくつかの原因がある。
一つは工事費や補償金、用地買収費などのカネの問題だよね。いままで投資したカネが無駄になる。川辺川の場合は漁業補償がまだ終わってないんだけど、長良川のように同意しちゃって漁業補償を貰っちゃったら、中止した場合、返さなくちゃいけない。用地買収だってそうだ。事業をやるからって買収したのに、途中でやめちゃったら、まるでムダ金で責任問題になっちゃうよね。
それから、公共事業で地域にカネが落ちるし、就業機会も増えるっていういままでの構造だよね、多くはゼネコン経由だけど。政治家はそれでもって、利権と票が期待できるし、役人は天下りのチャンスも増える。
でもねえ、最近はこうした構造がニッポンを借金漬けにしてしまったって批判が強くなってきているよね。
ま、ここまではいろんな人が言ってるんだけど、あと、もうひとつあまり正面切って言えない理由がある。
こうした大きな公共事業は他のいろんな各省庁の公共投資計画と複雑に絡み合ってるんだよね。だから、環境庁、現・環境省も含めて、各省庁や自治体との面倒な調整を何年も、ときには10年以上もかかって、やっと計画ができあがったんだ。それを変更するとなると、またおっそろしく面倒なことになるし、責任問題だってでてくる。こうした社会的コストはものすごく大きいんだ。だからいったんできた計画は多少のことに、いやどんなことでも目をつぶって強行突破ということになりがちなんだよ。

Aさん―なあるほどねえ。ここでやめたらそれまで投資したオカネが無駄になっちゃうのか。だからといってさらに巨額のオカネを使うのもねえ。
 ページトップ
page 2/4  1
2
34
前のページへ 次のページへ

Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.