環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第18講 「キョージュ、無謀にも畑違いの原発を論ず」
第17講 「SEAの必要性・可能性 ―付:S湾アセス秘話」
第16講 「環境ホルモンのいま」
第15講 「Hキョージュのやぶにらみ環境倫理考」
第14講 「BSE愚考、廃家電横流し雑考」
メルマガ申し込み 会員登録 ヘルプ サイトマップ
国内ニュース 海外ニュース イベント情報 環境Q&A 機関情報 環境リンク集 環境用語集 ライブラリ 森づくり宣言
No. 第17講 「SEAの必要性・可能性 ―付:S湾アセス秘話」
page 1/4 
1
234
Issued: 2004.06.03
H教授の環境行政時評 (第17講 その1)

Aさん―センセイ、先月もいろんなことありましたねえ。

H教授―そうだなあ。イラク駐留軍兵士によるイラク人捕虜虐待問題が明るみに出たし、日本では年金の未納・未加入が、総理から各党の党首まで続々露見。それから目をそらすためかどうか知らないけど、総理があたふたと訪朝し、拉致被害者の家族が帰国した。コイズミさんに言いたいことはいっぱいあるけど、訪朝に関しては一歩前進と素直に評価しているよ。
ま、それは別にして、あれやこれやで環境問題が霞んでしまった感があるね。

Aさん―これからもいろいろありそうですねえ。暑い夏になるんじゃないですか。

新石垣空港をめぐって

H教授―もう暑いよ、すっかり夏だ。キミ、夏休みはどうするんだい。

Aさん―石垣島へ行ってきます。サンゴ礁を見てこなくっちゃ。で、日夜ガイドブックと首っ引きです。

H教授―研究かい、それとも観光? ひとりで? まさかカップルでじゃないよな。

Aさん―詮索しないでください! プライバシーの侵害ですよ。
そういえば新聞で読んだんですけど、新石垣空港のアセスで空港予定地に貴重なコウモリのいる洞窟が見つかったそうですねえ。どうなるんでしょうか。

H教授―さあ、ボクも新聞情報以上は知らない。
大体、石垣島はいたるところが隆起サンゴ礁だから、鍾乳洞が方々にあって不思議はないし、鍾乳洞にはコウモリがつきものだ。
だけど、新石垣空港はホント呪われたみたいにいろんな問題がつづくねえ。

Aさん―そんなにいろいろあったんですか。

H教授―ああ、もともと現空港ではジェットが就航できないというんで、話が持ち上がった。もう30年も前の話だ。

Aさん―拡張はできなかったんですか。

H教授―石垣市に近くて優良農地をつぶすのに住民が反対するとかなんとかいう理由で、できないということだったけど、ホントのところは用地交渉など厄介な交渉事を避けたというのが真相じゃないかと思うよ。
で、白保という海岸の沖合いに出島方式でつくると決めちゃった。昭和54年のことだ。
抜き打ちで知らされた白保住民は反対したけど、強行突破。もともと白保の人たちは離島からきたらしく、海岸に住んで漁業を営んではいたけど、漁業権そのものは持っていなかった。ま、一種の差別構造があったのかもしれない。厄介な用地買収はないというので、さっさと漁業補償まで終え、高まる反対運動のなかでアセスメント調査も実施。
ところが予定地は保護地域ではなかったんだけど、大規模なアオサンゴの群集があるなど、世界屈指のみごとなサンゴ礁だったんだ。

Aさん―へえ、で、環境省 ──あ、当時はまだ環境庁でしたね── は、どうしたんです?

H教授―アセスの不備を指摘し、位置をずらし、滑走路延長も短くさせた。アセス結果で大幅な変更を行わせた稀有な例だ。これが昭和末期の話。

Aさん―それがどうして?

H教授―それでも反対運動は収まらず、IUCN(国際自然保護連合)総会で反対決議がなされるなど、国際的な問題になった。しかも、時の運輸大臣が「認められない」と発言するなどして、結局、平成に入って白保海上案自体、撤回せざるをえなくなっちゃった。
そこから候補地が二転三転、しかも環境問題だけでなく、土地転がし疑惑が囁かれるなどして、ようやく現在の候補地に固まったという経緯がある。

Aさん―このことから何を学べばいいんですか。

SEAと立地地点選定

H教授―戦略的アセス(SEA)というか総合アセスというか、候補地探しの時点からの情報公開と市民参加の重要性だね。
空港建設が物理的に可能な地点をすべてマッピングし、一方では環境面などで絶対に避けるところ、最大限の環境対策を行うという前提で容認できるところをマッピングする。それを重ね合わせて公表し、島民すべての参加のもとで議論することからスタートすべきだったと思うよ。

Aさん―でもNIMBY(not in my back yard)ってよく言われるでしょう。そんなことしたら決らないってことだって考えられますよ。

H教授―迷惑をこうむる地域の人たちへの優遇措置とバーターすることでなんとかなったかもしれないじゃないか。
それにそもそも高い税金を使ってホントに空港をつくる必要があるのかということだって議論の価値はあると思うよ。
だって、いまだって東京、大阪からの直行便が結構あって、今日までやってこれたんだもの。
とはいえ、今の滑走路では短いのか、石垣空港に着陸するときはいつも座席からずり落ちそうなくらいの急ブレーキがかかるよね。キミも石垣島に行くなら、その辺、よく気をつけてみるんだな。

Aさん―なるほどねえ、いまのアセスメントの限界が露呈したといえそうですね。で、センセイはこのアセスに係わったんですか。

H教授―いや、まったくない。耳学問と憶測。だからボクの独断、偏見かもしれないってあらかじめ断っておくよ。

Aさん―そんな無責任なあ。センセイ、現役時代、アセスというか大規模開発案件でなにか係わったものはほかにないんですか。
 ページトップ
page 1/4 
1
234
次のページへ

Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.