環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第18講 「キョージュ、無謀にも畑違いの原発を論ず」
第17講 「SEAの必要性・可能性 ―付:S湾アセス秘話」
第16講 「環境ホルモンのいま」
第15講 「Hキョージュのやぶにらみ環境倫理考」
第14講 「BSE愚考、廃家電横流し雑考」
[an error occurred while processing this directive]
No. 第17講 「SEAの必要性・可能性 ―付:S湾アセス秘話」
page 4/4  123
4
Issued: 2004.06.03
H教授の環境行政時評 (第17講 その4)

Aさん―どうだったですか、そのときの気分は

H教授―いやあ、あのときばかりは県と環境庁の板挟みでなく、ふたつの巨大組織の双方を操り、手玉にとったかの快感を感じたよ。昔のロシアでツアーリとエスエル(ロシア社会革命党)の二重スパイだったアゼーフの気持ちが少し理解できたような気がした。
それになにより、知事の威光を笠にきた企画・開発部局に一泡吹かせたのが痛快だった。
これで予定通り埋立免許を取得し、無理難題をクリアーしたんだけど、その後の企画・開発部局が担当する立地決定だとか会社設立だとかのスケジュールは1ヶ月ずれこんだ。それでもなんとかなったんだ。やはりサバを読んでいたのさ。ひどいもんだよ。

Aさん―そうか、アセスというのは「汗す」なんですね。でもその汗を流した苦労になにか意味があったんですか。

H教授―キミもきついことをいうなあ。
こうした環境部局の影の努力と苦労を知る人は少ないし、それに 巨大な人工島が忽然と出現したことは、どう言い繕おうとも、自然環境保全上マイナスであることは言うまでもない。
工事中こそある程度地元は潤ったかも知れないが、備蓄基地の性格上、完成したいまとなっては、雇用力も知れたもので、地域振興の切り札にはならず、過疎化の傾向は依然としてつづいていることだろう。一体なんのために ─という疑問は消えないけど、しかしわが環境部局が奮闘しなかったら、もっとひどいことになっただろうとわが身を慰めるしかないじゃないか。

Aさん―自己満足ですね。で、備蓄基地はどうなったんですか。

H教授―ああ、去年みてきたら、できあがっていたよ。
でも愕然としたのは、高いカネをかけて水理模型実験を行なって、対岸の砂浜には影響がないというアセス結果だったんだけど、すっかり砂浜は痩せ細っていた。やっぱり自然ってのは一筋縄じゃいかないねえ。

Aさん―で、いまでもアセスのときは同じようなやり方なんですか。

H教授―さあ、どうだろう。それより石垣に行ったら、いままでの空港候補地を見てきたら?
百聞は一見にしかずっていうぜ。

Aさん―うーん、カレがなんて言うか。

H教授―やっぱりカレシと行くんだな。
きちんと予測・評価、つまりアセスをしたのか? こんどは泣かされるなよ。

Aさん―もうセンセイのバカッ。
それより今回はちょっとも環境行政時評じゃないじゃないですか。昔話ばっかりで。

H教授―昔話でも、経験談の方が臨場感があって面白いという読者のお便りがあったから...。

Aさん―ちょっとは最近のこと勉強してください!

H教授―(小さく)はあい。

 ページトップ
page 4/4  123
4

(平成14年5月25日執筆、同月末・編集終了)
 参考:南九研時報第28 号(平成13年5月)
Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.