環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第29講「目に青葉、山ホトトギス、MAY(迷)時評 ──水難事故、諫早干拓、レジ袋、フロン四題噺」
第28講「有機汚濁と水質総量規制」
第27講「道東周遊随想と愛知万博」
第26講 「国土計画と自然保護」
第25講 「エイリアンを巡って ─外来生物法雑感」
[an error occurred while processing this directive]
No. 第28講「有機汚濁と水質総量規制」
page 4/4  123
4
Issued: 2005.05.06
H教授の環境行政時評 (第28講 その4)
その他の有機汚濁指標
Aさん―で、BOD、CODが高ければ有機汚濁が生じていて、その場合は有機性の浮遊物質も多いはずだからSS(浮遊物質量)も高く、自浄作用の分解過程で酸素をどんどん消費しちゃって、DO(溶存酸素)は低い。その逆も一般的に言えるわけですね。

H教授―一般的な傾向としてはね。でもその間の関係を数式に表せるほどのものじゃない。

Aさん―じゃ、いっそのことBODやCODを有機汚濁の代表的な指標とするのでなく、SSやDOを代表的な指標にできないんですか? どっちも環境基準が決められてるんだし。

H教授―SSの大半が有機性の浮遊物質だったらいいけど、条件次第で無機性の浮遊物質が多いことも考えられ、BOD、COD以上に、有機汚濁の指標としては信頼性がないということじゃないかな。単なる「濁り」というんだったらそれでいいと思うけど、豪雨や底泥からの巻上げからくる濁りを人為、特に排水規制でコントロールするのは難しいから、意味がないともいえる。

Aさん―じゃ、DOは?

H教授―風が強かったり、波が荒かったりすると空気中から酸素が補給されるから、これも有機汚濁の指標、特に発生源からの排水規制とのリンクということから考えると使いづらいんじゃないかな。

Aさん―じゃあ専門家は有機汚濁の環境基準や排水基準の指標としては何がいいって言ってるんですか。

H教授―国際比較という観点からはTOCがいいといってるらしい。原理は知らないけど、今じゃ測れるそうだ。
問題は、なぜ有機汚濁が問題かということだ。見た目の汚濁を問題とするのか、酸素消費による貧酸素化がもたらす漁業被害や生態系の攪乱を問題にするのか。
TOCってのはよく知らないけど、後者の観点からすると、易分解性のものも難分解性のものも一緒に測ってどういう意味があるのかが気になる。硝化を抑える方法もあるみたいだから、それでBODを測った方がいいような気もする。

Aさん―じゃあ、透明度はどうですか。河川じゃムリだろうけど、海域や湖沼ならいんじゃないですか。それに専門的技術のない一般市民でもできそうじゃないですか。

H教授―透明度というのは、白い円盤をだんだん吊り下げていって、どこまでその円盤が見えるかということなんだけど、天候によって大幅に数字が変わるな。

Aさん―じゃ、他に何かないんですか? センセイだって簡易指標を開発する必要があるって言ってたじゃないですか。

H教授―水生生物による指標なら、一応はある。昔から白い鳥が来る水域は汚いけど黒い鳥が来る水域は清冽だなんて話を聞いたことはあるけど、規制にはリンクできそうにないなあ。

Aさん―うーん、困りましたね。

H教授―だけど、「透視度」を使うという方法はあるかもしれない。中西準子先生も言っておられたけど。

Aさん―透視度? 透明度じゃなくて?

H教授―1メートルの長さのガラスの筒の底に十字が書いてあって、筒の上から水を注いでいって十字がどこまで見えるかで、汚濁の程度を判断するんだ。

Aさん―へえ...。

H教授―ボクは、BODもCODもSSもDOも透明度も、自分では一度も測ったことがないんだけど、唯一、透視度だけはやったことがあるんだ。

Aさん―センセイ、それで環境庁の水質行政を担当していたんですか!?

H教授―霞ヶ関の技官なんて大学時代はともかくとして、役人になってからはほとんど自分では測定したことはないと思うよ。そこが県の技術屋さんとは大違いなんだ。

Aさん―それでいいんですかねえ。

H教授―(苦笑して)いいんじゃない。県と対等の立場で、県の技術屋さんから謙虚に学ぶ姿勢さえあれば。ま、それが片鱗もない鼻持ちならないのもいるけれど。

Aさん―(小さく)センセイだったりして

H教授―え?

Aさん―いや、なんでもないです。早く透視度の続きを話してください。

H教授―ま、一般の水域なら1メートルじゃ足りないのがほとんどだろうな。だけど素人考えだけど、底の十字を何段階か薄くした筒をつくっておいて、それで測るという方法だったら実用性が出てくるかもしれないし、透明度との換算式だってできるかもしれない。どうしてもダメだったら、そのときは折畳式で筒の長さを延長すればいい。
事業場排水なんてのはBOD、CODに替えて透視度の排水基準を作ったらどうかと思うんだ。


第六次水質総量規制に向けて
Aさん―ふうん。で、話を元に戻しますけど、第六次総量規制でなにか目新しい考えは出されているんですか。

H教授―うん。ひとつは、三湾についてはさらに規制強化をするが、大阪湾以外の瀬戸内海は基本的に現状維持でいいという方向のようだ。
大阪湾以外の瀬戸内海はもともとCOD濃度は低く、こうした低濃度領域ではCOD指標そのものを考え直すという観点が入ったように感じた。もう一つは干潟の保全を前面に打ち出したことだ。量的にはさほどではないにせよ、浄化機能があるうえ、干潟の持つ生態系保全の重要性に着目したようだ。

Aさん―なんかそれって前講の湖沼水質保全特別措置法の改正の話に似てません?【8】

H教授―そう、水質にしても大気にしても、排出規制だけではダメで、そうした自然の力をうまく使うことが環境保全の面でも人間生活にうるおいを持たせる意味でも重要だというのが、少なくとも環境省内での共通認識になったんだね。
で、浄化機能に関して言えば、干潟はただ保全するだけじゃなく、潮干狩りなんかで浄化してくれた貝などを系外に出した方がいい。死んで分解しちゃったらまた元の木阿弥になるからね。前講の葦と一緒だ。ま、葦とちがって、貝などの場合は鳥などの動物によって系外にある程度は出ていくけどね。
Aさん―でも、大阪湾以外の瀬戸内海は現状維持だけでいいんですか。

H教授―水質規制という意味ではね。でも「埋立の基本方針」は見直して、自然海岸の前面海域や藻場干潟なんかの埋め立ては面積の大小に関わらず全面禁止にすべきだと思うよ。いずれにせよスナメリが行き交うほどの豊かな生態系が戻るための多面的な施策をいろいろ考えるべきだろうな。

Aさん―へいへい、わかりやした。ところでさっきの水質指標についての、センセイのご意見だけど、どの程度信用したらいいんですか。
【8】 湖沼水質保全特別措置法改正について
第27講(その4)

H教授―なんだって!

Aさん―(しどろもどろに)ご、ごめんなさい。ただ、センセイは厳密な意味では水質のプロじゃないからと思って...。

H教授―ボクはかつて水質保全政策で給料をもらってたんだぜ。だからプロだったんだ!!

Aさん―そ、そりゃそうでしょうけど...(口ごもる)。

H教授―(ニヤっとして)だからプロはプロだけど、同時に研究畑じゃまったくのド素人なのは確かだ。だからボクの耳学問で作られた個人的な意見というか、独断と偏見に満ちた愚見がどの程度的を得ているか、実はまったく自信がない。だから専門家に教えを乞いたくってこの場を借りたんだ。
ま、そういう意味では、さしずめキミは単なる刺身のツマだな。

Aさん―セ、センセイ、そんなことのためにこのEICネットを利用しているんですか。いくらなんでもひどいんじゃないですか。原稿料を返せって抗議がきますよ! それに、読者からの怒りの手紙が殺到しても知りませんからね。
 ページトップ
page 4/4  123
4

(平成17年4月25日執筆、同年5月6日編集了)
★「瀬戸内海」第39号(H16年10月、社団法人瀬戸内海環境保全協会)の拙稿を一部参考にしました。

註:本講の見解は環境省およびEICの公的見解とはまったく関係ありません。
筆者HPのURL:http://www.eurus.dti.ne.jp/~hisatake/
Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.