環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第33講 「本時評の2年半を振り返る(その1)付:コウノトリ放鳥その他」
第32講 「ミニミニアセスへの挑戦」
第31講 「アスベストのすべて」
H教授の環境行政時評第30講 「リサイクル戦線、浪高し」
第29講「目に青葉、山ホトトギス、MAY(迷)時評 ──水難事故、諫早干拓、レジ袋、フロン四題噺」
メルマガ申し込み 会員登録 ヘルプ サイトマップ
国内ニュース 海外ニュース イベント情報 環境Q&A 機関情報 環境リンク集 環境用語集 ライブラリ 森づくり宣言
No. 第32講 「ミニミニアセスへの挑戦」
page 1/4 
1
234
Issued: 2005.09.01
H教授の環境行政時評 (第32講 その1)
解散・総選挙

Aさん―センセイ、ついにまさかの解散総選挙になっちゃいましたねえ。暑い夏が一層暑くなっちゃいます。

H教授―うん、いままでの常識ではありえないことが起きちゃったねえ。郵政法案が参院で否決されたからといって衆院を解散したというんだから。

Aさん―コイズミさんは信念の人とみるべきなんですか、それとも超ワガママの変人とみるべきなんですか。

H教授―うーん、でもそれはどうでもいいことだ。問題は、従来は党内調整が最優先だった自民党内だけではなく、かなりの国民が現時点では支持しているように見えることだ。それがなにを意味しているかを考えるべきだろうな。

Aさん―センセイの評価は?

H教授―生臭くなるからここでは遠慮しておこう。興味があれば8月11日のボクのブログでもみてくれ。
ただ、こうした手法がまかり通ったということ自体、日本社会のバブル崩壊以降の政治的・経済的な一種の閉塞感と、それへのいらだちを象徴しているんだろうな。そしてそれまで戦後日本の成長を支え続けてきたある種の日本的なるものは死んだということなんじゃないかな。
自民党はもはや昔の自民党じゃなくなった。野党も...。

Aさん―なんだか随分抽象的ですね。ま、これ以上はどうせ編集でカットされちゃうからいいか。
要はコイズミ改革は新たな方向性を打ち出したということですか。
H教授―正しいかどうかは別にしてね。だから反対するなら別の方向性、ビジョンと価値観を提示しなければいけないんだけど、よい代替案が出てくるかどうか...。

Aさん―ま、いずれにせよ、あと半月ですね。
さ、今講は予告どおり31講までの2年半の総括ですか。

H教授―うーん、それも選挙結果をみてからにした方がいいだろう。

Aさん―なんだ、また延期ですか。

H教授―ところでぼちぼち8月も終わりだけど、どこか行ったのか。

Aさん―(機嫌悪く)行ってません! こう見えてもアタシャ院生ですからね、図書館に立て篭もりです。

H教授―(小さく)またフラれたか。

Aさん―ほっといてください! それよりセンセイは?
 ページトップ

経験的ボランティア考
H教授―ゼミ生を何箇所かの実習に行かせているんだけど、それの視察にちょこちょこ行ったくらいかなあ。

Aさん―ああ、ワタシも学部時代にセンセイに勧められて行きました。楽しかったなあ。もう今年で7年目ですね。どういう意図で始められたんですか。

H教授―実習とはいってもこちらで準備したプログラムはなにもない。
環境保全や環境教育の最前線で取り組んでいる組織や人のお手伝いを1週間から10日間するということだ。
そうすることで実際の環境保全や環境教育に外在的にではなく内在的に触れられる貴重なチャンスになるかなと思って、始めたんだ。
ゼミ独自のインターンシップというか、ボクの人脈をたどっての押しかけボランティアだけど。
今年の場合、5コースを増やして一気に倍増、9コース設定した。ゼミ生25人で延べ250人日だ。

Aさん―今もゼミ生たちは喜んで行っているんですか?

H教授―うん、それなりに環境マインドを満足させられるし、なにより珍しい体験ができるっていうんで、希望者はいっぱいいるよ。
それも山間僻地ほど人気は高い。交通費の一部をゼミの運営経費から補助しているんだけど、やはり参加者には相当の持ち出しになるから、当初遠方はさけていたんだけど、関係なかったみたいだ。学生って結構カネがあるんだなあと感心した。
おかげでボクは6月、7月と手配師みたいな作業に追われてしまったけど。

Aさん―受け入れ先の方はどうなんですか。

H教授―安い宿泊施設や食事の提供が受けられるかどうかということと、ボランティアを受け入れて有効に活用したいと思っているかどうかが受け入れの条件になる。組織的に対応してくれるところはいいんだけど、レンジャーのところだと、レンジャー個人の考え方に左右されちゃうし、レンジャーも忙しいからね。

でも、アクティブ・レンジャー制度がスタートしたことだし、現地に配属されたアクティブ・レンジャーが取りまとめ役、つまり、NGOやボランティアのコーディネーターになって、スキルのあるパークボランティアやNGOと、スキルはないけど熱意だけはある学生ボランティアをうまく組み合わせて使ってほしいねえ。
ボクのゼミだけで今夏延べにすりゃあ250人日なんだぜ。全国でシステマチックにやれば、人手不足なんかは一気に解消すると思うけどねえ。

Aさん―ま、ワタシも一所懸命、海岸のごみ拾いやトイレ掃除をしたおかげで、自分のごみだけは確実に持ち帰るようになりました。

H教授―うん、それが一番の教育的効果だし、そういう体験をさせてもらった機関のシンパつくりにもなると思うよ。
阪神淡路大震災や昨年の水害・地震のときもそうだったけど、ボランティアのポテンシャルは随分あるんだ。日本の財政はもうどうしようもないところまで来ているんだけど、一方では行政ニーズは膨れあがるばかり。
その解決のキーになるのがNGOやボランティアとの連携だと思うなあ。
 ページトップ
page 1/4 
1
234
次のページへ

Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.