環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第48講「2006年の総括と2007年の展望 ―附:ハワイ秘話」
第47講「秋の夜の環境冗話 ―COP12、大阪湾青潮、読者のお便りを巡って」
第46講「動物愛護とミティゲーション」
第45講 「安倍新内閣発足と日本の超長期ビジョン」
第44講 「夏の夜の四方山話―附:富栄養化断章」
[an error occurred while processing this directive]
No. 第47講「秋の夜の環境冗話 ―COP12、大阪湾青潮、読者のお便りを巡って」
page 3/4  12
3
4
Issued: 2006.12.07
H教授の環境行政時評(第47講 その3)
淀川水系流域委員会休止
H教授―ばか。
ところで、こんなときにこそ淀川水系流域委員会のような公募・公開式の住民参加型委員会を大阪湾奥部でも立ち上げるのが国土交通省の務めだと思うけど、それどころかその淀川水系流域委員会を休止しちゃうというんだからどうかと思うよ。

Aさん―えっ、センセイ、この時評でも何度も取り上げ【17】、国土交通省の英断だと持ち上げてたあの委員会が休止されちゃうんですか。

H教授―うん、1月の任期切れを待って休止──というか、事実上廃止するか、公募型をやめて従来の任命型にして御用学者だけを集めるようにするんじゃないかな。やはり流域5ダムを巡って、流域委員会が国土交通省の方針に異議申し立てをしたのが原因のようだ。
それでなくても滋賀県の嘉田知事は脱ダム派で手こずるのは必至だから、前門の虎、後門の狼となるのを片一方だけでも切ろうと思ったんじゃないかな。

Aさん―内閣改造で大臣が交代したのが原因なんですか。

H教授―いや、新大臣はきちんとレクを受けてなかったらしく、記者会見でそんなことはしないといったんは否定したらしい。事務方が慌ててたね。結局は事務方に説得されたらしい【18】

Aさん―なんだ、だらしない大臣ですね。
自然保護系では何かニュースはないんですか。
 ページトップ

【17】 淀川水系流域委員会の話題
第2講(その2)「脱ダム宣言と淀川水系流域委員会提言について」
第5講(その1)「淀川水系脱ダムの行方」
第9講(その2)「夏のできごと・4 ──淀川水系5ダムのその後」
第12講(その2)「淀川水系のその後」
【18】 淀川水系流域委員会の休止問題に関する、国土交通大臣及び事務次官の会見要旨
10月26日事務次官会見要旨
10月27日大臣会見要旨
10月30日事務次官会見要旨
10月31日大臣会見要旨
世界遺産と国立公園見直し

H教授―そうそう環境省と林野庁は昨年の知床に引き続いて、小笠原諸島世界自然遺産に推薦することを決めたらしく、地域連絡会議や科学委員会を発足させることにしたとのことだ。来年には「暫定リスト」を提出し、再来年以降の推薦書提出を経て、自然遺産登録を目指すことにしたようだ。
小笠原は、貴重種・固有種の生息・生育地として、また、無人岩(ボニナイト)の存在が、太平洋プレートの沈み込みを表している──つまり、進行中の海洋性島弧型火山形成過程を初期段階から現在進行中のものまで観察できる唯一の地域として、遺産の価値を説明するようだ。
ただ、第37講でも言ったように【19】外来種の問題をクリアしなきゃいけないし、空港の問題だってあるから、そうすんなりいくかどうかはわからない。
で、そのあとに琉球奄美諸島が待ち構えているということになる。
Aさん―それと、環境省では「国立・国定公園の指定及び管理運営に関する検討会」をスタートさせたそうですね【20】

H教授―うん、環境省ホームページの公表記録をみると、問題意識としては第41講でボクが言及したこととそう変わらないという気がする【21】
ただ検討会メンバーを見ると、もう少し、生涯の大半をレンジャーで過ごし、国立公園の現場の隅から隅まで知ってるような人たちが委員に入ってもいいんじゃないかと思うよ。
ま、そういう人たちは検討会のメンバーというより、ヒアリングの対象ということなのかもしれないが。

Aさん―でもそういう問題について、現場のレンジャーさんたちはどう考えているんでしょうね。そういう生の声を聞いてみたいですね。

H教授―実はね、先日レンジャーを相手にアンケート調査をしてみたんだ。
【19】 小笠原の自然遺産登録へのハードル
第37講(その3)「来年度予算案と環境政策の新たな動向」
【20】 「国立・国定公園の指定及び管理運営に関する検討会」の発足
国立・国定公園の指定及び管理運営に関する検討会[環境省]
【21】 自然公園の管理等についてキョージュが言及したこと
第41講(その4)「自然公園体系の課題と展望」

Aさん―えー、そういう手間もオカネもかかるようなことは一切やらないというのが、センセイのポリシーじゃなかったんですか。

H教授―こらこら。言い出しっぺはゼミ生なんだ。卒論を何にしようか苦しんだ挙句に思いついたらしい。ボク自身も興味がないわけじゃなかったし、宛名書きだとかの雑用や集計などをやってくれるんならってボクの名前でアンケートすることにしてみたんだ。

Aさん―へえ、どういうアンケートで、どういう結果が出たんですか。

H教授―まだ回収・集計中だから、それは次講のお楽しみとしよう。
 ページトップ

読者のお便りを巡って・1 ──随意契約問題の展開
Aさん―ところで例の随契問題【22】はその後どうなったんですか。

H教授―いやあ、ひどいことになっているよ。次の文章はメールでいただいたものだ。
今、我々受注企業にとって環境省の仕事の出し方は全く異常で、納得のいかないことが多過ぎます。例の『随契問題』以降、すべての随契もプロポーザルもダメ!ということで
ひどい安値競争が続いており、安かろう悪かろうで、技術の継続性も無視され、それでも文句を言えず、業界はだんだん疲弊していくしかない状態です。(中略)
データの継続性が求められるモニタリング業務、計画技術業務や特別の環境技術を保有している場合まで、受注機会の公平性のみを理由に、本省からの一片の通達によるお決まりの事務的な方法で競争入札が行われ、予算の半値はおろか、3分の1、4分の1で落札した所と契約し、折角ついた予算もむざむざと余らせ、庶務担当者だけが喜んでいる・・・という状況。一日も早く改善してほしいと願う今日この頃です。
至るところでこういう環境省に対する怨嗟の声を聞く。今まで環境省と二人三脚だと思っていた公益法人──世間では外郭団体と言われるようなところ──も切り捨てられかねない有様なんだ。
このEICネットだってどうなるかわからない。

Aさん―でもそれは国会方面からの批判でそうせざるを得なかっただけで、環境省のせいじゃないでしょう。

H教授―無抵抗のまま、各省の中でも真っ先に唯々諾々と恭順の意を表したからOBは怒ってるんだと思うよ。
「天下りだ」と言って世間に指差されるような悪いことは何ひとつしていない、役所時代より待遇がダウンしているにも関わらず、環境行政のためにがんばってきたという自負がズタズタにされたんだろうなあ。
【22】 例の随契問題
第40講(その1)「随意契約は悪か? 環境省委託事業」
第41講(その1)「公益法人と随意契約再論」

Aさん―悪貨が良貨を駆逐しているってわけですね。なんとかならないんですか。

H教授―環境学界の大御所M先生が、こういう状況を見るに見かねて、環境行政に競争入札は合わない、いったい環境省は何をしているんだ! と一喝されたらしい。
環境科学会長で国連大学の安井先生なんかもご自分のホームページで同じようなことを言っておられる【23】
それでようやく、発注をどうするかという研究会を環境省内部で発足させたという話だ。
なんとかしてほしいねえ。
以前、地方公害研究所の方から貰ったお便りでは、地方自治体でも同じような状況ようだ。モニタリングなんかもデータに信頼性のおけないようなところが競争入札で落札しているらしく、随分嘆いておられた。

Aさん―なんか暗い話ですねえ。話題を変えましょう。
 ページトップ

【23】 安井先生のホームページでの、「納税忌避的な考え方」と「随契問題」について
市民のための環境学ガイド「想定外のリスクはないのか(11.05.2006)」
読者のお便りを巡って・2 ──続・拡大ミティゲーション
Aさん―(にやにやして)前講で拡大ミティゲーションについてのSさんからのお便りを紹介したんですけど【24】、それに対する別の方からのお便りでこんなのがありましたよ。どうされます?
なかなか面白かった。ノーベル賞のお話は、別途肉付けしていってもらいたい。場合によっては提灯持ちをさせていただきます。
【24】 拡大ミティゲーションについてのおたより紹介
第46講(その4)「拡大ミティゲーション」 ──読者のお便りから

H教授―(困惑して)だから単なる思い付きで口走っただけなんだって。
アイデアの先取権なんて主張する気は毛頭ありませんから、どなたか肉付けをやっていただければ幸いです。
(Aさんに向かって)そうだ、キミがやれよ。

Aさん―アタシャ、経済学も数学も大の苦手なんです。
 ページトップ
page 3/4  12
3
4
前のページへ 次のページへ

Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.