環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第52講「独断と偏見のキューバ社会論」
第51講『キョージュ、「拡大」国内排出権取引制度を論じる』
第50講「我、疑う故に我あり ──反温暖化対策論考」
第49講「IPCC第四次報告書と生物多様性保全」
第48講「2006年の総括と2007年の展望 ―附:ハワイ秘話」
メルマガ申し込み 会員登録 ヘルプ サイトマップ
国内ニュース 海外ニュース イベント情報 環境Q&A 機関情報 環境リンク集 環境用語集 ライブラリ 森づくり宣言
No. 第51講『キョージュ、「拡大」国内排出権取引制度を論じる』
page 1/4 
1
234
Issued: 2007.04.05
H教授の環境行政時評(第51講 その1)
キューバから帰国

Aさん―センセイ、キューバに行ってたんですってね。

H教授―うん、一昨日(30日)の夜に帰ったばかりだ。
まだ時差ぼけも取れてない。だから、今日は簡単に終わらそう。

Aさん―また、そうやってすぐさぼろうとする。
センセイはともかくとして、アタシの登場を待ってるヒトがいっぱいいるんだから、ダメです。
でもセンセイ、前回がベトナムで今回はキューバですか。どちらも社会主義国ですね。やはり似ているんですか。

H教授―そんなの、どちらも表層をなでただけだから、わからないよ。
ただ、ハノイやホーチミンとハバナとでは、街の印象はまったく違う。ハノイやホーチミンはクルマとバイクの波で、キューバへの往き帰りに立ち寄ったメキシコシティーに近いような気がした。ま、メキシコシティーはクルマオンリーだけどね。

Aさん―じゃ、ハバナじゃ、クルマは少ないんですか。

H教授―うん、それだけ貧しいということなんだろうな。でも人々の表情は明るく陽気だった。それに6年前に行ったときよりは、印象としてだいぶクルマが増えてたけどね。

Aさん―えー、二回目なんですか。なんと物好きな。

H教授―趣味で行ったんじゃない。二回とも仕事で行ったんだ。
前回は6年前、帰路ハバナからメキシコシティーに降り立ったときが、ちょうど例の9・11で、足止めをくらい、ひどい目にあったよ。

Aさん―仕事? だって、センセイ、英語ならカタコトくらいはわかっても、スペイン語なんてチンプンカンプンでしょう?
そんなの受ける方も受ける方だけど、頼む方も頼む方だわ。

H教授―うるさい、なんかの本で読んだんだけど、国際的なプロジェクトを担う人材として、一番望ましいのはキミが言うように、英語ができて仕事ができるヒト。これを「プラス2」というらしい。その次は英語ができなくても仕事ができるヒトで、「プラス1」。3番目は英語も仕事もできないヒトで「プラマイゼロ」。一番ダメなのは英語だけはできるけど、仕事ができないヒトで、「マイナス」だそうだ。スペイン語でもそれは同じ。
つまりぼくは自分じゃゼロと思ってるんだけど、回りからはプラス1と評価されたんだろう。スペイン語をしゃべれるヒトはそれほどいないからな。

Aさん―(呆れて)そうそう、誰かに聞いたんだけど、センセイって、女性のゼミ生がセンセイにニコッとするだけでオレに惚れてるからだと思い、視線をそらすとやはりオレに惚れてるからだと思うそうですね。

H教授―(不思議そうに)え? おかしい?

Aさん―(小さく)ホント、そのポジティブ・シンキングぶりにはあきれちゃうわ。
それだけじゃなくて、センセイもキューバに行きたかったんじゃないですか。

H教授―もちろん、ボクは学生時代からキューバが大好きだったのも事実だし、ボリビアの密林で斃れたゲバラは今でもボクの心の中では英雄だけどね。
92年のリオサミットで先進国を震撼とさせたカストロさんの演説もすごかったし、サトウキビのモノカルチャー体制から、循環型有機農業に切り替えて苦境を耐えていると伝えられたその実相を見てみたかった。
二度行って、光だけではなくて、いろんな影の部分が見えてきたキューバだけど、だからこそますます好きになったし、心の底から応援したいと思ってるんだ。

Aさん―じゃあ、今回はキューバ環境紀行ですね。

H教授―いや、それは次回にしよう。資料もアタマの中も整理できてないし、二度行って余計に謎が深まった部分もあるしね。

Aさん―いいじゃないですか、どうせ、それ以外のなんの準備もしてないでしょうから。

H教授―(断固とした口調で)イヤだ!

Aさん―(不思議そうに)どうしてですか。

H教授―<キューバ凌ぎ>はいやなんだ。

Aさん―(絶句)その駄ジャレが言いたかったのか…。
じゃ、今回はどうします?
 ページトップ

前講へのお便り

H教授―前講【1】に対しては随分熱心なお便りを何通もいただいた。まずは次の二つのお便りを紹介しておくか。

地球温暖化に対して様々な意見があるようです。「不都合な真実」を見たあとから、温暖化に対してしっかりとした取り組みをしなくては・・・と考えていたのですが、このような記事を読むとまた「本当に温暖化っておきているのかしら?」と考えてしまいます。政府が住みよい国にするためにも、CO2を減らす取り組みをするとしている以上、私も積極的に協力しますが、それにしても温暖化は世界的な問題だというアル・ゴアさんの映画も捏造されたデータが根拠になっているのでは?と疑いはじめてしまいました。(あまりにも温暖化の事実が明らかに示されていたので)

結局誰にも地球温暖化と地球生命への悪影響の関係は分からないということがよく分かりました。ちょっと安心。

Aさん―なんだか反温暖化対策論者に塩を送ったような感じですね。

H教授―ボク自身は断固としたラジカルな温暖化対策論者のつもりで、前講は反温暖化対策論者への揶揄のつもりだったんだけど、こういう読まれ方もするんだとちょっとショックだった。

Aさん―でもセンセイも前講で書いてたじゃないですか。
「われわれ国民自体が、温暖化など起きていないかもしれないし、起きたとしても大した問題じゃないんだと思い込みたい気持ちがどこかにあって、それが反映しているんじゃないかなあ」って。その通りなんですね。
 ページトップ
page 1/4 
1
234
次のページへ

【1】 前講
第50講「我、疑う故に我あり ──反温暖化対策論考」
Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.